10代、未成年でも歯のホワイトニングはできる?



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



10代、未成年でも歯のホワイトニングはできる?



10代、未成年でも歯のホワイトニングはできる? 白くきれいな歯は皆の憧れです。

10代、学生さんや未成年者の中にも、

歯を白くしたいと

思っている人もいるでしょう。



また、子どもの歯の黄ばみが気になって、

ホワイトニングをしてあげたいと

考えているお父さんやお母さんも

いらっしゃるかもしれませんね。



では、未成年者

歯のホワイトニング

可能なのでしょうか?



また、子どもの歯の黄ばみが

気になるときにできる対策には

どんな方法があるのでしょうか?








歯医者さんのホワイトニングは18歳以上から



歯医者さんで

未成年者のホワイトニングは

できるのでしょうか?



また、できるとしたら

年齢に制限はあるのでしょうか?



歯医者でホワイトニングができる

年齢の目安は18歳以上です。



18歳以上であれば、ほとんどの歯医者で、

大人と同じようにホワイトニングを

してもらえます。



では、17歳以下はどうでしょう?

こちらは、

歯医者によって対応が異なります。



17歳以下でも、ホワイトニングや

クリーニングを受け付けている

歯医者
はあります。



しかし、その方法は

未成年者向けになっています。



例えば、大人用よりも

刺激の少ない薬剤を使ったり、

効果の穏やかな機材を使う、


などが挙げられます。



そのため、劇的に歯がきれいになる

などの期待はできません。




また、その歯医者で使える薬剤や

システムによって、

施術できる年齢に違いがあります。



歯医者によっては、12歳以上から

ホワイトニングができることも

あるんですよ。



もちろんこの場合は、

効果の穏やかなキッズ向けの

ホワイトニングとなります。








エステのセルフホワイトニングは年齢制限なし



ホワイトニングは歯医者さん以外に、

エステサロンでもできます。



ただ、エステではお客さんの歯に

薬剤を塗ったり、ライトを当てたり

することができないので、

基本的に自分でホワイトニングをする

「セルフホワイトニング」となります。



しかし、エステサロンでは

未成年者でもホワイトニングできます。

ほとんどのサロンで

年齢制限はありません。



ただ、年齢的に幼いお客さんは

あまり多くはないようです。



ホワイトニングでエステに通う

お客さんは、10代でも、

中学生くらいから

見受けられるようになります。



ちなみに、未成年者を受け付けている

エステサロンでも、年齢によっては

保護者の同伴が

必要になることがあります。



エステサロンのホワイトニングは、

歯医者さんに比べて効果は穏やかです。



その効果を分かりやすく比較すると、

歯医者での大人用ホワイトニングは、

歯本来の色よりも白くすることが

できます
が、

エステのホワイトニングは

歯本来の色より白くすることは

できません。




そのため、「歯を白くしたい」と

考えている人の年齢が18歳以上なら、

エステサロンよりも

歯医者での施術

おすすめです。



反対に、「歯の黄ばみを

取るくらいでいい」という人なら、

エステサロンのセルフホワイトニングに

通うか、歯医者でクリーニング

してもらうかの選択ができます。








未成年者、17歳以下は歯を真っ白にできない!?



歯医者によっては、

17歳以下の未成年者のホワイトニングを

受け付けていることもあります。



しかし、効果が穏やかな薬剤が

使われるので、

歯を真っ白にすることは

できません。




目立っている黄ばみを取る程度だと

考えていたほうがいいかもしれません。



未成年者は歯を真っ白にできないと

聞いてガッカリした人も

いらっしゃるかもしれませんね。



しかし、これにはちゃんとした理由

があるんですよ。



歯は、たいてい12歳くらいまでに

永久歯に変わります。



永久歯が生えたら、

大人の歯になったと思いますよね。



しかし永久歯でも、生え変わった

ばかりの歯はまだ表面が薄く、

歯としては未完成の状態
なんです。



永久歯になった歯は、年齢とともに

歯表面も強くなり、

だいたい18歳くらいまでには

丈夫な歯になります。



多くの歯医者さんで、

18歳からしかホワイトニングを

やっていないのは、

このような理由だったのですね。



気をつけたいのは、

真っ白にしたいからと言って、

個人で輸入した

外国製ホワイトニングジェルなど、

効果が強いものを

未成年者が使用すること
です。



ホワイトニング剤は

未成年者の歯にとって刺激が強く、

思わぬ悪影響を

招いてしまうことがあります。




口内ケア製品を使う場合も、

使用方法や注意書きをよく読んでから

使うようにしたいですね。








どうにかしたい子どもの歯の黄ばみ!対策方法3つ



10代、未成年でも歯のホワイトニングはできる? 未成年者、特に17歳以下の子どもは、

歯を真っ白にできないと

ご紹介してきました。



しかし中には、歯の黄ばみや変色が

目立って困っている人もいるでしょう。



そんな場合は、

どうしたらいいのでしょうか?



気になる黄ばみの対策には、

次のような方法があります。


  • 自宅でのセルフケア

  • 歯医者でのクリーニングやホワイトニング

  • 歯のマニキュア


まず1つめは、自宅での歯磨きです。

歯磨き粉にもいろいろな種類が

ありますが、ここで気をつけたいのは、

研磨効果の高い歯磨き粉や、

国内で市販されていないような

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を

使わないようにする
ことです。



セルフケアで大切なのは、

歯を傷つけずに汚れを落とすことです。



歯にあった歯ブラシや、

歯磨き粉を使って、1本1本丁寧に

磨くようにすれば、黄ばみや着色汚れを

防いだり、改善したりといった効果


期待できます。



2つめの対策方法は、

歯医者さんで相談することです。



歯の黄ばみや変色の原因は、

汚れだけではないんです。



体質や、過去に飲んでいたお薬が

影響
していることもあります。



歯医者さんで相談すれば、

ひとりひとりの原因にあわせて

適切な対策をとってくれますよ。



そして、最後は歯のマニキュアです。

爪に塗るマニキュアのように、

歯に塗るマニキュアというのがあります。



効果は短期間しかありませんが、

見た目に歯を白くできます。



市販品もありますが、

歯医者さんでやってもらったほうが

効果が長続きしますし、

きれいな仕上がりが期待できますよ。








まとめ



10代、未成年でも歯のホワイトニングはできる? 未成年者がホワイトニングを

したいときは、まず歯医者さんで

受け付けてもらえる年齢かどうかを

確認してみましょう。



たいていの歯医者さんでは18歳以上から

ホワイトニングを受け付けています。



歯医者さんによっては12~17歳の

未成年者に、効果の穏やかな

ホワイトニングやクリーニングを

やっていることもありますので、

最寄りの歯医者さんに

問い合わせてみるといいですよ。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー