ホワイトニング歯磨き粉を使ってもまた着色汚れがつくのは「研磨剤」が原因



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



ホワイトニング歯磨き粉を使ってもまた着色汚れがつくのは「研磨剤」が原因



実は毎日使うのはNG!?ホワイトニング歯磨き粉で歯が白くなる仕組みとメリット&デメリット ホワイトニング歯磨き粉を

使っているのに、

歯が白くならない…。



歯が白くなったように感じたのに、

最近また黄ばみが目立つ気がする…。



こんな悩みに心当たりのある方、

ひょっとしてその悩みの原因は、

使っている歯磨き粉に含まれる

研磨剤にあるかもしれません。



こちらでは研磨剤の効果や、

それによって起こる歯の黄ばみ、

着色汚れについて
ご紹介します。



研磨剤入りホワイトニング歯磨き粉の、

上手な選び方も

あわせてみていきましょう。








歯を磨いて白くする『研磨剤』ホワイトニング歯磨き粉



ホワイトニング効果のある歯磨き粉に

よく使われているのが

研磨剤です。



研磨剤入りの歯磨き粉は、値段が安く、

スーパーなどでも売られています。

とても手軽に入手できるので、

自宅で使っているという人も多いはず。



研磨剤とは、

歯を磨く効果がある成分です。



歯表面を磨くことで

汚れを落とす働き
をします。



「歯を白く」「汚れを落とす」といった

効果をうたっている製品に

入っていることが多くあります。



研磨剤と一言でいっても、

実はいくつかの種類があります。



例えば、リン酸水素カルシウム、

リン酸水素ナトリウム、シリカ、

酸化チタンなどです。



これらをひとまとめにして『清掃剤』

と呼ばれることもあるんですよ。



歯磨き粉の裏面を見てみてください。

清掃剤の文字があれば、

研磨剤が入っているということです。








『着色汚れ』『歯の黄ばみ』は研磨剤が原因だった!?



実は毎日使うのはNG!?ホワイトニング歯磨き粉で歯が白くなる仕組みとメリット&デメリット 研磨剤は歯の表面にこびりついた汚れを

はがしやすくする効果があります。

これにより、汚れが落ちて、

歯は本来の白さを取り戻します。



しかし、

研磨剤歯磨き粉の効果は穏やかで、

すぐに歯が白くなるわけでは

ありません。




毎日使い続けることで少しずつ

きれいになってきたなと

効果を感じるはすです。



しかし、ずっと使っているのに、

なかなかホワイトニング効果が

感じられないこともあります。



それどころか、歯の黄ばみが

より目立つようになる場合も

あるんです。



実は、研磨剤には

汚れを落としやすくする一方で、

歯を削り、着色汚れ

つきやすくしてしまうという

デメリットもあります。



特に研磨効果の

高い成分を使っていたり、

研磨剤で歯を強く磨きすぎたりすると、

歯の表面に傷がつきやすくなります。



研磨剤によって歯に傷がつくと、

そこに汚れが入り込み、

取れにくくなってしまいます。




また、研磨剤の効果と

歯の構造の関係で、

より黄ばんで見えるようになることも

あるんです。



ただ、私たち人間の歯は、

もともと真っ白ではありません。

歯の構造が原因で、

はじめから少し黄色がかった色を

しています。



歯は、いくつかの層でできています。

歯の表面にあたるのが

エナメル質と呼ばれる、

半透明で硬い物質です。



そして、エナメル質の内側は

象牙質という

黄色みがかった物質でできています。



つまり、私たちが見ている歯の色は、

エナメル質から象牙質が

透けて見えている色
なんです。



そのため、エナメル質が薄かったり、

象牙質の色が濃かったりすると、

歯はより黄ばんで見えてしまいます。



エナメル質はとても硬い物質です。

しかし、研磨剤で磨きすぎると、

どんどん薄くなってしまいます。




エナメル質が薄くなると

象牙質の黄色み

目立ちやすくなります。



このように、研磨剤には

歯を黄ばませる側面もあるんです。








エナメル質の傷、知覚過敏、知っておきたい研磨剤の危険性



市販されている多くの歯磨き粉に

入っている研磨剤は、

歯を白くする効果があります。



一方で、歯表面を傷つけてしまったり、

歯を黄ばみやすくしてしまったりする

側面も持っています。



研磨剤によって

エナメル質についた傷は

簡単には元に戻りません。




さらに、研磨剤で

歯の表面が削れていくと、

知覚過敏を引き起こしてしまう

可能性もあるんです。



知覚過敏とは、冷たい飲み物など

を口にしたときに、歯がキーンと

鋭く痛む症状のことをいいます。



これは、象牙質が感じる痛みです。

研磨剤で歯表面を削りすぎてしまうと、

象牙質が刺激を感じやすくなり、

知覚過敏が

起きやすくなってしまうんです。



もちろん、研磨剤が

全くダメというわけではありません。



研磨剤によるデメリットは、

歯を削りすぎてしまうことが

問題なのです。




そのため、研磨効果が穏やかな

歯磨き粉を選んだり、

1度使ったら数日空けてから使う
など、

上手に使えば問題はありません。



穏やかなホワイトニング効果を

得るために、研磨剤の粒子が

細かい歯磨き粉を選んだり、

研磨剤の量が少ないものを選んだりする

方法もあります。



また、今使っている歯磨き粉の

研磨効果が高いかどうかを

確認する方法もあります。



用意するのは、

アルミホイル・歯磨き粉・歯ブラシの

3つです。



やり方は、歯磨き粉をつけた歯ブラシで

アルミホイルを磨くだけ。



研磨剤が高いものほど、

アルミホイルの表面が削れ、

磨いているうちに歯ブラシが

黒くなっていきます。



反対に、効果が穏やかな研磨剤は、

同じように磨いても

歯ブラシは黒くなりにくいんですよ。








まとめ



実は毎日使うのはNG!?ホワイトニング歯磨き粉で歯が白くなる仕組みとメリット&デメリット 研磨剤入りの歯磨き粉は

たくさんの種類が売られていて、

私たちにとって身近な製品です。



ホワイトニング効果を期待して

研磨剤入りの歯磨き粉を

選んでいる人も

多いのではないでしょうか。



また、研磨剤が入っている事を知らずに

毎日同じ歯磨き粉を使い続けている人も

多いかもしれませんね。



研磨剤には歯表面の汚れを

落としやくする

効果がある反面、

歯を傷つけてしまったり、

薄くしたりする働きもあります。



これにより、歯の黄ばみは

目立ちやすくなってしまいます。



困った事に、歯表面の傷は

簡単には元には戻りません。

さらに、知覚過敏の原因になることも

あるんです。



研磨剤の効果をよく理解したうえで、

自分に合ったホワイトニング歯磨き粉を

選ぶようにしてくださいね。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー