歯が着色しやすい食事、飲み物、生活習慣を知って黄ばみを予防しよう! | ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



歯が着色しやすい食事、飲み物、生活習慣を知って黄ばみを予防しよう!



歯が着色しやすい食事、飲み物、生活習慣を知って黄ばみを予防しよう! 歯が黄ばむ原因は、

毎日の食事生活の中

あることをご存知でしたか?



人間の歯は、誰でももとから

少し黄色みをおびています。



しかし、しっかり歯磨きしている

つもりなのに、気がつくと

黄ばみが強くなっていたり、

歯の裏に茶色っぽい汚れが

ついていることがありますよね。



私たちの生活の中には、

歯を汚れさせる原因が

たくさんあるんです。



例えば、コーヒーや

紅茶といった飲み物や、

食事からの着色もそのひとつです。



それではもっと具体的に、

歯が着色しやすい食事、飲み物、

生活習慣について

みていきましょう。








色が濃い&酸度の高い食事は、着色汚れのもと



歯の着色汚れを

起こしやすい食事の特徴と、

食材をみていきましょう。



・色が濃い食品や飲料

緑黄色野菜や、

ポリフェノール・アントシアニン、

カフェインを含む食べ物などが

代表的です。



また、香辛料で色付けをしてい

る食べ物も着色汚れの

原因になります。


(例)ほうれん草、小松菜、人参、

カボチャ、カシス、ぶどう、いちごや

ブルーベリーなどのベリー系、

カレー、キムチ、ケチャップ、

しょうゆ、ソース、コーヒー、ワイン



・硫黄を含む食品

硫黄を含む食べ物には、

食べたあとに臭いが気になるような

食材が多いです。


(例)にんにく、たまねぎ、ねぎ



・酸度の高い食品や飲料

食べた時に酸っぱさを感じる食材や、

料理です。また、酸性の飲み物も

あげられます。


(例)お酢、酢の物、レモン、グレープフルーツ、炭酸飲料



・タンニンを含む食品や飲料

タンニンは渋みの元にもなる成分で、

渋みのある食品や飲料に

多く含まれていることが多いです。

(例)柿、緑茶、ウーロン茶、マテ茶



見た目ですぐに分かりやすいのが、

色の濃い飲食物ですね。



これらは、歯を白くする

ホワイトニング直後にも

「摂取しないように」と

いわれることがあります。








着色しやすい食事をしたら、その後にケアを



歯が着色しやすい食事、飲み物、生活習慣を知って黄ばみを予防しよう! 上記でご紹介したように、

飲食物の中には、

歯の着色汚れや

黄ばみになりやすいものがあります。



しかし、着色汚れがつきやすい

というだけであって、

普段から食べてはいけない

訳ではありません。



食材によっては体にいい栄養を

含んでいるものもありますので、

無理に制限などしないでくださいね。



着色汚れをおこしやすいものを

食べたり飲んだりした場合は、

その後にしっかりケアを

すれば問題ありません。




ぜひ普段から次のケアを

意識して行ってみてください。



・着色汚れをおこしやすい食事をしたら、うがいをしたり水を飲んだりする

うがいをしたり

水を飲んだりすることで、

飲食物の色素を

洗い流すことができます。



ただ、完全に洗い流すことは

できません。




色素は歯の隙間に入り込んで

少しずつ着色していきますが、

うがいなどのケアで

汚れるのを防いで、

黄ばみを出にくくします。




・毎食後、歯磨きをする

食事をしたら歯磨きをしましょう。

着色汚れを落としやすくするのは

もちろんですが、

食べカスをエサにする

虫歯の予防にもつながります。



歯磨きのタイミングとして

おすすめなのは、

食事の30分後です



食後すぐは歯が脱灰により

傷つきやすくなっています。



食後にいったん水を飲んだり

うがいをしたりして、

再石灰化を待ってから、

歯磨きに取りかかるのがいいでしょう。



また、歯に触れてほしくない

飲み物はストローを使って

飲むようにする、という方法も

ケアのひとつです。



歯磨については、仕事中などで

すぐには難しい時もありますよね。

そんな時のために、

口内洗浄液を

用意しておくのもいいでしょう。








コーヒーやワインだけじゃない!歯が黄ばみやすい生活習慣



歯の黄ばみを起こすのは、

食べ物や飲み物だけではありません。



生活習慣やクセなどで、

歯が黄ばみやすくなっていることも

あります。



こちらでは、歯が黄ばみやすい

生活習慣をみてみましょう。



・歯をゴシゴシこする

歯磨きは着色汚れや

黄ばみを防ぐために大切です。



しかし歯ブラシでゴシゴシ強く

こすったり、研磨効果の高い

歯磨き粉を使っていると逆効果。


黄ばみの原因に

なってしまうんです。



・タバコを吸う

タバコのヤニは歯にこびりついて

なかなか取れません。



また、歯茎の色も

黒っぽくさせてしまうため、

口の中が全体的に

よどんで見えてしまいます。



・よく口をあけている

唾液には歯を強くしたり、

表面をコーティングして

着色汚れから守る働きがあります。



しかし、口の中が乾燥していると、

唾液が働きにくくなってしまいます。



そのため、普段から

口をあけるクセのある人や、

寝ているときに口をあけている人は、

着色汚れがつきやすいだけではなく、

虫歯にもなりやすいんです。



・食べ物を噛む回数が少ない

食事をする

と口の中は酸性に傾きます。



歯の表面は酸に弱く、

酸の影響をうけることで

着色汚れもつきやくなって

しまいます。



ここでも活躍するのが唾液です。

唾液には酸を

和らげる働き
もあるんです。



しかし、食べ物を噛む回数が少ないと

唾液がうまく分泌されません。

しっかりよく噛んで

食べるように意識してみましょう。








まとめ



歯が着色しやすい食事、飲み物、生活習慣を知って黄ばみを予防しよう! 歯の着色汚れや

黄ばみの原因になる、食事、飲み物、

生活習慣についてご紹介しました。



コーヒーや紅茶が着色汚れの

原因になるのは有名ですが、

このほかにもこんなにたくさんの

原因があったんです。



食べ物や飲み物については、

ホワイトニング後などの

特別なシーンをのぞいては、

無理に制限する必要はありません。



普段からしっかりお口のケアを

するように心掛けたいですね。

また、気になる生活習慣がある人は、

そちらの改善に

も取り組んでいきましょう。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー