歯医者での歯のクリーニングとホワイトニングの違い



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



歯医者での歯のクリーニングとホワイトニングの違い



歯医者での歯のクリーニングとホワイトニングの違い 歯医者で、歯をきれいにする方法には

クリーニング

ホワイトニング

あります。

では、両者の違いは何でしょうか?



それぞれの特徴や効果の違い

についてご紹介しています。



歯の汚れや黄ばみで悩んでいた方の、

悩み解決のきっかけに

なるかもしれません。








歯の汚れを落とす『クリーニング』



歯のクリーニングとは、

簡単にいうと、

歯についている汚れを取って

きれいにすること
です。

口内のお掃除のことですね。


歯医者での歯のクリーニングとホワイトニングの違い

毎日きれいに

歯を磨いているつもりでも、

歯と歯の隙間や、歯と歯茎の間には

取りにくい汚れがたまっています。



この、歯にたまった汚れを

歯石歯垢と呼びます。



歯石や歯垢

虫歯、歯肉炎、歯槽膿漏や

口臭の原因になってしまうのですが、

歯ブラシを使った普段のお手入れでは

完全に取ることができません。




そこで、歯のクリーニングでは

器具や機械を使って、

歯石や歯垢を取り除いていきます




医師以外にも、歯科衛生士が

担当することもあるんですよ。



このように、歯のクリーニングは

口の中のトラブルを

改善・予防するためのものです。

そのため保険適用でできます。



虫歯などの歯の治療と

一緒におこなわれることもありますよ。



歯石や歯垢をとった後は

歯がきれいに見えるだけではなく、

口の中のスッキリ感も

得ることができます。



人によっては歯と歯の隙間が

スース―として、違和感を覚えることも

あるかもしれません。



ただ、1度に全部の歯を

処置しようとすると時間がかかったり、

違和感が強く出たりするため、

クリーニングは数回に分けて

おこなわれることが多いです。



歯石や歯垢はしばらくすると

また口の中にたまってしまうため、

多くの歯医者では3~6ヶ月に1度の

クリーニングを推奨しているんですよ。



また、歯のクリーニングと似たものに、

『PMTC』と呼ばれる方法があります。



上記で紹介したクリーニングよりも、

もっと歯をきれいにする

効果のある方法です。



例えば、研磨効果のあるジェルや、

歯を強くする効果のあるフッ素で

歯表面を磨いたり、

歯茎の奥の歯石や歯垢まで

徹底的に取り除いたりなどします。



ただ、PMTCに含まれるメニューは

歯医者によって違い、

保険適用という所もあれば、

保険適用外という所もあるんです。



中には、フッ素を塗る処置くらいなら

来院した全員にやっているという

歯医者もあるんですよ。



ちなみに、保険適用外でPMTCを

受ける場合の値段相場は

3,000~5,000円です。



しっかり歯を掃除したいという人は、

保険適用でどこまで

クリーニングしてもらえるのか

事前に確認しておくと安心ですね。








歯を白くしてきれいに見せる『ホワイトニング』



ホワイトニングとは、

歯表面の汚れを取るだけではなく、

歯表面を白くするものです。



歯医者でできるホワイトニングには

『オフィスホワイトニング』

『ホームホワイトニング』

2種類があります。



まず、

オフィスホワイトニングについて。

これは歯医者で行う

ホワイトニングのことをいいます。



オフィスホワイトニングでは

医師が薬剤を塗って、

歯を白くしていきます。



使う薬剤は過酸化水素という成分が

入ったものが主です。



過酸化水素には、

歯の表面の性質を変化させて

白く見せる働き
があります。



次に、

ホームホワイトニングについてです。

ホームと呼ばれているように、

自宅で行うホワイトニングのことです。



ホームホワイトニングでは

薬剤を入れたマウスピースを

歯に装着して、

歯に薬剤を浸透させていきます。



薬剤とマウスピースは

最初に歯医者で購入します。



マウスピースはひとりひとりに

専用の物を作るので、

歯の型取りもします。



使う薬剤は過酸化尿素という

成分が入ったものです。



オフィスホワイトニングで使う

過酸化水素と同じように、

歯を白く見せる効果があるんですよ。



ただ、過酸化尿素は過酸化水素よりも

効果は穏やかです。



そして気になるのが費用ですよね。



オフィスホワイトニングも、

ホームホワイトニングも、

治療とは違って美容目的のものなので、

保険は適用外です。



値段のトータル相場は、

オフィスホワイトニングで8~15万円、

ホームホワイトニングが

5万円くらいです。



値段は歯医者によっても

変わってきますので、

事前に比較して

選んでみるといいですね。








『クリーニング』と『ホワイトニング』は効果が違う



歯のクリーニングとホワイトニング、

両者の違いはその効果にあります。

歯を白くするという目的から見ると、

違いがみえてきます。



クリーニングは

歯を掃除するだけなので、

歯本来の色よりも

白くなることはありません。




例えば、たばこのヤニ汚れや、

食べ物などの色素沈着が

気になる方には効果的ですが、

普段から歯の手入れをしている人には

効果が感じられないかもしれません。



また、クリーニングでは

変色してしまっている歯を

白くすることもできないんです。




対して、ホワイトニングです。

ホワイトニングは薬剤で

歯の汚れを落とすだけではなく、

歯表面を白く見せることができます。




歯は誰でも、

もともと黄色っぽい色をしています。



そのためホワイトニングは、

普段からしっかり手入れをしているのに

黄ばみが気になると悩んでいる人や、

黄ばみの少ない歯にしたいと

考えている人に向いています。



また、神経を抜いた歯のように

変色してしまっている歯を

白くすることもできる
んですよ。








まとめ



クリーニングとホワイトニングの

違いをご紹介しました。



歯を白くしたいとお考えの方、

今の歯はどのような状態でしょうか?



状態によってはクリーニングだけで

きれいになるかもしれません。



ホワイトニングは高額すぎて

手が出せないと考えていた方も、

クリーニングが悩みを解決する

きっかけになる可能性もあります。


歯医者での歯のクリーニングとホワイトニングの違い

また、お手入れをしているのに

歯の黄ばみに悩んでいた人や、

手っ取り早く

歯を白くしたいという人には

ホワイトニングがうってつけですね。



まずは歯医者さんで相談してみると

いいですよ。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー