歯列矯正をしていてもホワイトニングで歯を白くできる?



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



歯列矯正をしていてもホワイトニングで歯を白くできる?



歯列矯正をしていてもホワイトニングで歯を白くできる? 自分の歯、普段はあまり気にしていない

という人は多いのではないでしょうか。



しかし、歯並びや歯の黄ばみなど、

ちょっと気になり始めると、

徹底的にきれいにしたくなる

ものですよね。



例えば、歯並びが気になったら、

今度はホワイトニングをしたくなった!

という人も珍しくありません。



しかし、矯正とホワイトニングは

同時にできる
ものなのでしょうか?



こちらでは、

「歯列矯正をしていても

ホワイトニングで歯を白くできるか?」

についてご紹介しています。



現在、歯を矯正中の人も、これから

歯並びと黄ばみを改善させたいと

お考えの方も、

ぜひ参考にしてみてください。








歯列矯正中のホワイトニングはおすすめできない



歯列矯正中に、

歯の黄ばみが気になることがあります。



ブラケットを装着しているため、

人の視線が口元に集まりやすく、

余計に自分の歯が

気になってしまうんですよね。



しかし、基本的に歯並び矯正中の

ホワイトニングは

行われていません




歯列矯正をしている時の

ホワイトニングは

おすすめできないのです。



これは、歯医者さんでおこなう

オフィスホワイトニングや

自宅でおこなう

ホームホワイトニングでも同じです。



その理由は、

ブラケットの装着にあります。



ブラケットはただ歯にペタッと

くっつけているわけではないんです。



歯の表面を少しだけ溶かして、

ザラザラにしてから取り付けています。

そのほうが、

より密着して外れにくくなるからです。



そのため通常よりも、ホワイトニングで

知覚過敏のような痛みを

感じやすくなる可能性があるんですよ。




また、ブラケットをつけているので

薬剤を歯の表面にうまく塗れず、

ムラがでやすいのも理由の一つです。




歯のムラがでやすいことについては

歯医者だけではなく、

エステでセルフホワイトニングを

する場合でも同じです。



セルフホワイトニングで

使われるジェルは、

効果が穏やかなぶん刺激も少ないので、

知覚過敏がおこる心配はありません。



しかし、やはりブラケットを

つけた状態だと、

ジェルをまんべんなく塗れず、

効果が期待できないのです。








ホワイトニングは歯列矯正の後が基本



歯並びの矯正中に

ホワイトニングができないなら、

一体いつならホワイトニングが

できるのでしょうか?



基本的に、ホワイトニングが

できるのは矯正が終わってから

です。



具体的には、ブラケットが外れて

歯の状態が落ち着いたら


ホワイトニングを

始めることができます。



ただ、人によっては

「どうしても歯列矯正の前に

ホワイトニングをしておきたい」と

考えることもあるかもしれませんね。



「とりあえずでもいいから、

歯の黄ばみを落としたい」と思う人も

いらっしゃるでしょう。



この場合は歯医者さんと相談して、

矯正前にホワイトニングをすることも

可能です。



しかし、

ホワイトニングを先にやるなら、

効果の持続性はあまり期待できない

思っていたほうがいいかもしれません。



歯を白くしても、

その効果は永久ではないんです。




歯は毎日の生活の中で

どうしても黄ばみが

出てきてしまいます。



通常であれば数ヶ月に1度のペースで

追加のホワイトニングをして

白さを維持しますが、

矯正中はそのメンテナンスが

できません。



そのため、先に歯を白くしても、

結局はブラケットが外れるまで

満足なケアができないのです。



これらのことから、

ホワイトニングをするにも、

歯列矯正が終わった後にするよう

歯医者からすすめられることが

ほとんどです。



歯並びをきれいにして、

さらに歯も白くする。

きっと、元と見違えるほど

きれいな歯になるでしょうね。








歯列矯正の方法によっては、ホワイトニングも可能になる!?



歯並びの矯正と、ホワイトニングの

両方を考える場合、順番的には

矯正が終わってからホワイトニング、

となります。



しかし中には、

矯正中にホワイトニングが

できるケース
もあるんですよ。


歯列矯正をしていてもホワイトニングで歯を白くできる?
歯の矯正中にホワイトニングが

できるのは、ブラケットを歯の裏側に

付けている
場合や、

ブラケットではなくマウスピースを

使っている
場合などです。



一般的な矯正では、

ブラケットを歯の表面につけますね。



そのためホワイトニング液が

うまくつけられないのですが、

歯の表面に何もつけない

歯列矯正であれば

ホワイトニングが可能になるんです。



例えば、ブラケットを歯の裏に

つけている場合には、

歯の表面だけなら

白くすることができます。



また、マウスピース矯正は

必要に合わせて取り外しができるので、

歯全体のホワイトニングが可能性です。



さらに、マウスピースには

ホワイトニング液を入れることも

できるので、ホームホワイトニングや

デュアルホワイトニングも

可能になるんですよ。



矯正器具をつけた後だと

選択の余地はありませんが、

もし歯列矯正とホワイトニングの

どちらを先にしようかと

悩んでいるのでしたら、

その事を歯医者さんで

相談してみてください。



もとの歯並びによっては

選択できる方法に限りがありますが、

上にあげたように、

歯列矯正をしながらホワイトニングケア

ができる可能性もあるかもしれません。








まとめ



歯列矯正をしていてもホワイトニングで歯を白くできる? いかがでしたか?

このように、色むらや刺激への配慮

といった理由から、

基本的に歯列矯正中のホワイトニングは

歯医者でもおすすめされていません。



しかし、歯の裏側にブラケットを

つけている人や、マウスピース矯正を

している人であれば

ホワイトニングができることも

あります。



特にマウスピース矯正なら、

オフィスホワイトニングも

ホームホワイトニングも可能です。



現在、矯正器具を歯の前に付けている

人は、器具が外れた後に

歯を白くすることになります。



それ以外の方は歯医者さんで

相談してみるといいですよ。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー