歯の内部(象牙質)を白くしたいなら、ホワイトニング歯磨き粉は逆効果!



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



歯の内部(象牙質)を白くしたいなら、ホワイトニング歯磨き粉は逆効果!



歯の内部(象牙質)を白くしたいなら、ホワイトニング歯磨き粉は逆効果! 「歯を白くするために、

ホワイトニング歯磨き粉を

買ってみよう…。」



「歯のために、

ホワイトニング歯磨き粉を

使い続けよう…。」



そんなふうに思っている方、

ちょっと待ってください!



実は、

ホワイトニング歯磨き粉に入っている

研磨剤には、

歯の黄ばみ

目立たせる可能性が

あることをご存知でしたか?



こちらでは、市販の研磨剤入り

ホワイトニング歯磨き粉の

効果や危険性、

効果的な歯のホワイトニング


についてご紹介していきます。



歯を白くするには、

いったいどうしたらいいのでしょうか?








自宅で手軽にホワイトニングを試せる、研磨剤入り歯磨き粉



手軽に歯を白くしたい、と考える人が

真っ先に試したくなるのが

ホワイトニング歯磨き粉では

ないでしょうか。



ホワイトニング歯磨き粉の中でも、

研磨剤入りタイプは、

スーパーやドラッグストアで

低価格に購入できます。



そのため、「歯を白くできる」

「着色汚れを落とす」と効果をうたう

歯磨き粉を選んで買ってみようと

思っている人も多いかもしれませんね。



歯磨き粉に入っている研磨剤には、

歯を磨いたり

削ったりする働き
があります。



それにより、歯の表面についた汚れや、

食べ物などによる着色汚れを

はがしやすくする効果が

期待されています。



汚れてザラザラ感のある歯も、

研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉で

磨けばすぐにツルツルになります。



しかし、歯を磨いたり

削ったりする働きがもたらすのは、

汚れを落とすことだけでは

ありません。



研磨効果が高いものを使ったり、

強く磨きすぎたりすると、

歯そのものを削って薄くしてしまう

危険性もあるんです。




これにより、歯の黄ばみ

濃くなってしまう

こともあるんですよ。



研磨剤入りホワイトニング歯磨き粉で、歯に傷!?歯が薄くなる!?



研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉の

影響について知るには、

まず歯の構造を知っておくと

よりわかりやすくなります。



歯はいくつかの層でできています。



層は大きく分けて3つ。

中心にあるのが歯髄

歯髄を覆っているのが象牙質

さらに象牙質を覆っているのが

歯の表面にあたるエナメル質です。



つまり、いつも私たちが

歯ブラシで磨いているのは

エナメル質なんですね。



エナメル質はとても硬い物質です。

しかし、研磨剤によって

傷がついてしまうことがあります。


また、研磨剤で磨き続けることで、

少しずつ削られて薄くなってしまう

可能性
もあるんです。



特に、日本人はもともとエナメル質が

薄い傾向にあると

いわれているんですよ。



エナメル質についてしまった傷や、

薄くなってしまったエナメル質は、

残念ながら自然には元に戻りません。



最近ではエナメル質を修復する治療法も

登場していますが、やはり簡単に

元に戻せるものはないんです。



エナメル質は、研磨剤以外の原因でも

傷がついたり薄くなる

ことがあります。



例えば、歯ぎしりや、

酸味の強い食べ物も

その原因のひとつです。



ここにさらに強い研磨剤の負担が

加わることで、歯はどんどん

ダメージを受けてしまいます。








ホワイトニング歯磨き粉の研磨剤で歯が黄ばむ



研磨剤入りの

ホワイトニング歯磨き粉は、

エナメル質に傷をつけたり、

薄くしたりする心配があります。



これによって、より歯の黄ばみ

が目立ってしまうこともあるんです。



歯は、食べ物などを食べて汚れたり、

着色汚れがついたりすると

黄ばんで見えてしまいますね。



しかし、歯の色は

元から真っ白というわけでは

ないんです。



歯は、象牙質をエナメル質が

覆うようにしてできている、と

ご紹介しましたね。



実はそれぞれの層には

色がついています。

象牙質は黄色がかった白色で、

エナメル質は半透明です。



つまり、歯の色は、

エナメル質から象牙質の黄色みが

透けて見えている色
なんです。



誰でも歯は真っ白ではなく、

元から多少の黄色っぽさは

あるのものなんですね。



では、ホワイトニング歯磨き粉に

入っている研磨剤で

歯表面が薄くなると、

どうなるでしょう?



象牙質を覆っていたエナメル質が

薄くなってしまうということは、

象牙質の黄色さ

より目立ちやすく

なってしまいます。



さらに、研磨剤でついた傷に

汚れが入り込むと、部分的に

黄ばみが強くなる

こともあるんです。



また、歯磨き粉で傷をつけないようにと

どんなに気をつけていても、

ホワイトニング歯磨き粉だけでは、

歯は白くなりません。



ホワイトニング歯磨き粉は、

歯の表面についた汚れを

落とすためのもので、

歯そのものを

白くする効果はないんです。








歯を白くしたいならホワイトニングの方が効果的で安心



歯の内部(象牙質)を白くしたいなら、ホワイトニング歯磨き粉は逆効果! 歯を白くするはずのホワイトニング

歯磨き粉が、実は歯の黄ばみを

目立たせてしまう原因になる…。



では、歯を白くするには、

いったいどうしたらいいのでしょうか?



歯を白くするのに

必要なステップは2つ。



  • 歯についた汚れを落とす

  • 象牙質の色を隠し、歯の見た目を白くする



歯の色はもともと、

象牙質が持つ色によって

少し黄ばんでいます。



つまり歯の色を白くするには、

象牙質の色を見せないようにするのが

ポイント
なんです。



歯の汚れを落として

象牙質を見えないように白くするには、

ホワイトニング用の薬剤を使う方法が

一般的です。



ホワイトニングに効果的な薬剤には、

過酸化水素過酸化尿素

などがあります。



一般では販売されていない薬剤ですが、

歯医者さんでこれらを使った

ホワイトニングを

受けることができます。



歯医者さんで医師に薬剤を塗ってもらう

ホワイトニング方法もありますし、

歯医者さんで専用のマウスピースと

薬剤を購入して自宅でホワイトニングを

する方法もあるんですよ。



また、神経をとった後に

黒ずんでしまった歯には、

内側からホワイトニング剤を入れて

象牙質を白くする方法もあります。



神経をとった歯の変色は、

外側からどんなに磨いても

白くはなりません。



歯の内側からホワイトニング剤を入れて

象牙質を白くする方法は、

神経のある歯にはできない方法ですが、

神経のない歯なら

歯磨き粉で磨き続けるよりも

効果的です。








まとめ



歯の内部(象牙質)を白くしたいなら、ホワイトニング歯磨き粉は逆効果! 市販のホワイトニング歯磨き粉には、

歯の表面の汚れを落とす働きは

あるのですが、

配合されている研磨剤によって

歯に傷をつけてしまったり、

歯を薄くする可能性があります。



それにより、歯の黄ばみが

目立ってしまうこともあるんですよ。



また、いくら歯磨き粉で磨いても、

歯の内部にある象牙質を

白くすることはできません。



歯を白くするには、

歯表面の汚れを落として、

象牙質を白く見せるホワイトニングが

効果的なんです。



また、神経をとって変色した歯には、

内側からホワイトニング剤を入れて

白くする方法もあります。



近隣の歯医者さんで

どんなホワイトニングができるのか、

チェックしてみると

いいかもしれませんね。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー