歯のホワイトニングってしみる?痛くない?知覚過敏になりやすい?



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



歯のホワイトニングってしみる?痛くない?知覚過敏になりやすい?



歯のホワイトニングってしみる?痛くない?知覚過敏になりやすい? 歯のホワイトニングを考える時、

不安に思うことは

たくさんありますよね。



そのうちの一つは、

「しみる?」

「痛くない?」
といった、

痛みに関することでは

ないでしょうか。



また、ホワイトニングで

知覚過敏になってしまう、

という話を聞くこともありますが、

本当のところはどうなのでしょうか?



ホワイトニングの痛みや、

知覚過敏との関係性、

痛くないホワイトニング方法


についてご紹介します。








歯のホワイトニングがしみる、痛い、は本当だった!?



「ホワイトニングは痛い…。」

「ホワイトニングはしみる…。」

このような話を聞いたことがある人も

多いのではないでしょうか。



歯のホワイトニングには

過酸化酸素過酸化尿素といった

薬剤を使います。



薬剤自体は正しく使えば、

安全性は高いものです。



しかし、お口の中の状態によっては

刺激を感じることがあります。



ホワイトニングの薬剤によって

痛みを感じるのは、次のような人です。



  • 歯にヒビが入っている人

  • 歯ぎしりなどによって歯が削れている人

  • 歯茎が下がってしまい、歯の根元が出ている人

  • 虫歯がある人



「ホワイトニングがしみて痛い。」

というのは、ホワイトニングで使う

薬剤による影響です。



歯のヒビや歯の根元に

薬剤がしみてしまうのです。

これらは、

いわゆる知覚過敏

と呼ばれる症状です。



お口の状態に

問題がないように見える人でも、

ホワイトニングの薬剤の影響で、

一時的に知覚過敏のような症状が

出てしまうことがあります。



また、以前までであれば、

口の中の状態によっては、

痛んだりしみたりする可能性が高く、

ホワイトニングを

諦めざるを得ない人もいました。



ホワイトニングが終わってしまえば、

薬剤による痛みや刺激はなくなります。



しかし、一時的であったとしても、

痛みを感じた事によって

「痛かった。」「しみた。」という

感想を持つ人がいるのも

当然のことですよね。








歯がキーンとしみるような痛みは『知覚過敏』



ホワイトニングで歯がしみたり、

痛んだりする原因のひとつが

『知覚過敏』です。



では、この知覚過敏とは

いったい何なのでしょうか?

またどのようにして

起こってしまうのでしょうか。



ここでは歯の構造から、

知覚過敏についてみてみましょう。



歯は断面的にみると、内側から

歯髄、象牙質、エナメル質

3つの層でできています。



歯髄を象牙質が守り、

さらにその象牙質を

エナメル質が守っている構造です。



歯髄は歯の中心部分にあって、

血液や神経が集まっている

とてもデリケートな場所です。



もし歯髄がむき出しの状態に

なってしまうと、

風があたるようなちょっとした刺激でも

激しい痛みを感じます。



この痛みは鋭く、

ズキズキと長時間続くような痛みです。



象牙質は歯髄を守る役割があります。

しかし、実は象牙質も

それほど強い層ではありません。



歯髄ほどデリケートではありませんが、

象牙質に冷たい物などがあたると、

キーンと鋭い痛みを感じます。



この、象牙質に痛みが出る状態を

『知覚過敏』
といいます。



通常、象牙質はエナメル質に

守られています。



エナメル質は歯の3つの層の中でも

もっとも硬い層です。

その硬さは鉄よりも硬いと

いわれているほどなんですよ。



しかし、歯にヒビが入ったり、

歯茎が下がって

歯の根元が出ていたりと、

象牙質が刺激にさらされやすい状態に

なっていると知覚過敏が起こります。



口に入れたものが象牙質を刺激して

キーンとしみるような痛みが出る、

これが知覚過敏の症状です。








知覚過敏の人でも大丈夫!痛くないホワイトニング



冷たい物などを口にした時にキーンと

歯にしみるような痛みが出る知覚過敏。

症状を聞いて、思いあたりがある方

も多いかもしれませんね。



なんと、日本人の3人に1人は

知覚過敏
といわれているほど、

多くの人にある症状なんですよ。



知覚過敏の症状がある人は、

歯のホワイトンニング中にも

痛みが出る可能性が高いのです。



そのため、歯の状態によっては

ホワイトニングを諦めなくては

ならないこともありました。



しかし、安心してください。

知覚過敏でホワイトニングができない、

というのは以前までの話なんです。



最近では歯にトラブルがある人でも

うけられる、痛みの出にくい

ホワイトニング商品


開発されています。



また、知覚過敏でも痛くない

ホワイトニングには

次のような方法があります。



  • 歯にトラブルがある箇所を事前に治療する

  • 薬剤を塗る前に、知覚過敏が出そうな場所に保護剤を塗る

  • ホワイトニングの薬剤に、歯を保護する成分を配合したものを使う



それでも痛みに不安がある場合、

歯医者さんでのホワイトニングなら、

医師の判断によって

痛み止めの薬を使うこともあります。



それでも、「もし、ホワイトニング中に

痛みが出た場合はどうするの?」と

気になりますよね。



これも、歯医者での施術であれば、

痛みが出た時点で適切な対応を

とるようになっているので

安心してください。



また、自宅でのホワイトング中に

痛みが出た時には、

一旦中断しましょう。



万が一、キーンとしみるような

痛みが出ても、

この痛みは長くは続きません。



また、ホワイトニングによって

一時的に知覚過敏の症状が出ても、

翌日には治っていることが

ほとんどです。








まとめ



歯のホワイトニングってしみる?痛くない?知覚過敏になりやすい? いかがでしょうか。

ホワイトニングでしみるような

痛みが出たり、知覚過敏に

なりやすかったりというのは事実です。



前までであれば口の状態によっては

ホワイトニングを

諦めざるを得ない人もいました。



しかし、最近では痛くない

ホワイトニング商品も出てきています。



それでも不安があるという人は、

事前に歯医者で相談すると

より安心ですね。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー