歯のホワイトニングの種類と方法、効果の違い



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



歯のホワイトニングの種類と方法、効果の違い



歯のホワイトニングの種類と方法、効果の違い 「ホワイトニングをしたいけど、

どうしたらいいの?」

と迷っている方のために、

自分でできるホワイトニングの

種類と方法、効果の違い
をご紹介します。








種類によって違う、ホワイトニングの方法と効果



一口にホワイトニングといっても、

いろいろな種類があります。



ホワイトニングと聞くと、

歯医者で行うホワイトニングを

思い浮かべる方も多いでしょう。



しかし、

自分でできるホワイトニングにも、

下記のように

様々な種類があるんですよ。



  • ホワイトニングテープ

  • ホワイトニングスプレー

  • ホワイトニング歯磨き粉

  • 歯のマニキュア

  • ホワイトニングジェル



自分で歯を白くする方法には

もっといろいろなものがありますが、

特に効果的なものを挙げてみました。



どれくらい歯を白くしたいのか、

また、白くするために

どれくらい手間や費用を

かけられるのかで、

自分に合ったものを選ぶといいですよ。








種類1:ホワイトニングテープの使用方法と効果



ホワイトニングテープは、

その名の通り歯に貼って使います。



歯にテープを貼っている時間は

1日30分ほど。

これを、自分の好みの白さになるまで

繰り返します。



テープには歯を白くする効果のある

薬剤
がついています。



薬剤として使われているのは

主に過酸化水素という、

歯表面の着色汚れをとったり、

色を白くしたりする効果がある成分
です。



過酸化水素は、歯医者での

ホワイトニングに使われている成分でも

あるんですよ。


それだけに、

ホワイトニング効果は

期待することができます。



しかし歯への刺激が強いため、

日本ではまた一般販売されていません。



また、虫歯や知覚過敏がある人は、

使っている時にしみたり

痛みが出たりする可能性があります。




テープは歯に沿って

貼らなくてはいけないので、

コツがいるのもネックです。



ホワイトニングテープは

日本では市販されていませんが、

アメリカなどの外国製のものを

インターネットで購入できますよ。



個人の責任においての

購入・使用となりますので、

デメリットも良く知ったうえ

で試したいですね。








種類2:ホワイトニングスプレーの使用方法と効果



歯のホワイトニングの種類と方法、効果の違い ホワイトニングスプレーの使い方は

とても簡単です。

歯に直接スプレーした後に、

口を90秒間ゆすぐだけです。



上記で紹介した

テープタイプと同じように、

成分には過酸化水素が使われています。



しかし嬉しいことに、

テープタイプよりも使いやすい工夫が

なされているんです。



例えば、口にスプレーをしたときに

刺激が強くなりすぎないような

配合になっていたり、

口臭や歯周病を防ぐ効果のある成分


入っていたりします。



低刺激とはいっても、使ったときに

多少のピリピリ感が出る可能性は

ゼロではありません。




しかし、自宅でできる

ホワイトニングの中でも、使いやすさと

効果を兼ねた種類だといえるでしょう。



ホワイトニングスプレーは

歯医者さんで買うことができますよ。








種類3:ホワイトニング歯磨き粉の使い方と効果



歯のホワイトニングの種類と方法、効果の違い 毎日のお手入れとして使えるのが

ホワイトニング歯磨き粉です。



使い方は、いつもと同じように

歯ブラシにつけて歯を磨くだけ。

特別な手間は必要ありません。



ホワイトニング歯磨き粉には、

研磨剤タイプと、歯の汚れを落とす

ポリリン酸などの成分が入ったタイプの

2つがあります。



研磨剤タイプは、歯磨き粉に入っている

研磨剤が歯表面を磨くことで、

汚れを落とす効果
を期待するものです。


一方、ポリリン酸には、

表面の汚れを落とすだけでなく

歯をコーティングして

汚れを付きにくくする働き


あるんですよ。



効果は、穏やかです。

どちらも歯表面の汚れを落とすだけで、

歯そのものを白くする効果は

ありません。



研磨剤タイプはスーパーや

ドラッグストアでも売られています。



ポリリン酸などが入っているタイプは、

歯医者で売っていることもありますし、

インターネット通販で

買うこともできます。








種類4:歯のマニキュアの使用方法と効果



爪に塗るマニキュアのように、

歯を白色に塗る

マニキュアがあります。



ブラシタイプと

ペンタイプがありますが、

使い方は歯に塗って乾かすだけ

簡単なものです。



歯に色を塗るだけなので、

見た目に即効性があるのが特徴です。



効果の持続性は半日くらいですが、

マニキュア自体はコンパクトで

持ち運びができるので、

必要に応じて外出先で

塗り直しができて便利です。



ただ、使い慣れないと

塗りむらができたり、

不自然な白さになる
のが

ネックです。



また、食事でマニキュアが

はがれてしまうこともあるので、

大事な日に使うなら、

事前に練習したり、

いつでも塗り直しができるように

準備しておいたりするといいですね。



ちなみに、歯のマニキュアは

歯医者さんでもやっていますよ。



費用は高くついてしまいますが、

市販品を自分で買ってするよりも

しっかりと処置をしてくれるので、

効果は約2ヶ月持続します。








種類5:ホワイトニングジェルの使用方法と効果



ホワイトニングジェルは、

ホームホワイトニングとも呼ばれます。



事前に歯医者さんで

専用のマウスピースを作り、

薬剤をもらって、

自宅で自分でケアします。



使い方は難しくありません。

1日に決められた時間、薬剤を入れた

マウスピースを歯に

はめておくだけです。



使われている薬剤は

主に過酸化尿素という成分です。



過酸化水素に比べ効果は薄いですが、

歯の汚れを落としたり、

歯表面を白くする
効果があるんですよ。



効果は1日では出ません。

繰り返し使うことで実感できます。



どれくらい白くしたいかによっても

期間が変わってきますが、

2週間~2ヶ月の間、

行うことになります。



毎日の手間が必要なぶん、

持続性が高いのが特徴です。

なんと効果は約6~12ヶ月持続します。



薬剤がなくなったら

追加で購入できるのも

メリットの1つです。



最初にマウスピースを

作る必要がありますので、

ホームホワイトニングをしたい人は、

まずは歯医者さんに行くといいですよ。








まとめ



歯のホワイトニングの種類と方法、効果の違い いかがでしたでしょうか。

自分でできる歯のホワイトニング方法を

ご紹介しました。



歯を本来の白さよりも

白くしたいのなら、

過酸化水素や過酸化尿素を使った方法

がおすすめです。



反対に、歯を本来の白さに

戻すくらいでいいとお考えなら、

薬剤を使わない方法がおすすめです。



また、希望通りに安全に歯を白くしたい

という方は、歯医者さんでできる方法を

検討してみるといいかもしれませんね。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー