妊娠中・授乳中にホワイトニングはしてもいい?赤ちゃんに影響はない?



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



妊娠中・授乳中にホワイトニングはしてもいい?赤ちゃんに影響はない?



妊娠中・授乳中にホワイトニングはしてもいい?赤ちゃんに影響はない? 妊娠中や授乳中は、何をするにも

赤ちゃんへの影響が気になりますよね。



では、歯のホワイトニングの影響は

どうなのでしょうか?


こちらでは、妊娠中授乳中

ホワイトニング

赤ちゃんに影響

することがあるのか?

についてみていきましょう。








妊娠中のホワイトニングは基本的にNG!



妊娠中・授乳中にホワイトニングはしてもいい?赤ちゃんに影響はない? 口の中のトラブルは妊娠中に

直しておいたほうがいい、

という話をよく聞きますね。



これは、妊娠中は口内にトラブルが

起きやすかったり、産後は自分のことに

時間をかけられなかったりするため、

アドバイスのひとつとして

言われています。



また、産前産後は、写真を撮る機会が

増えるので、

歯をきれいにしておきたいと

思いますよね。



では、妊娠中の歯のホワイトニングは

どうでしょうか?

歯を白くきれいにするために、

ホワイトニングをうけても

大丈夫なのでしょうか?



実は、多くの歯医者では

妊婦さんのホワイトニング

やっていません



妊婦さんはホワイトニングが

できないと聞くと、

「えっ?ホワイトニングって

そんなに危険なの!?」と

思うかもしれませんね。



でも、安心してください。

これは、ホワイトニングが

妊婦さんの体や赤ちゃんに悪影響を

与えることを意味しているのでは

ない
んです。



現在のところ、ホワイトニングによる

赤ちゃんへの影響は

よく分かっていません。




なぜなら実験して、

影響を試すことができないからです。



ホワイトニングは安全性が高いと

いわれていますが、

胎児に試すことはできませんよね。



問題ないかもしれないし、

何か問題があるかもしれない。

そんな、よく分からない状況では

胸を張って妊婦さんにホワイトニングを

すすめることができないんです。



そのため、ほとんどの歯医者では

妊娠中のホワイトニングは

していません。



人によっては、ホイトニング後に

妊娠が発覚して、その影響が

心配になったということも

あるかもしれません。



しかし、その場合も

落ち着いてくださいね。



ホワイトニングが赤ちゃんに悪影響を

与えると決まっているわけでは

ありません。



その場合は、歯医者さんで

妊娠中であったことを伝えて、

口内ケアの計画を立て直せばOKです。



また念のため、かかりつけの

産婦人科でも、歯医者でホワイトニング

をしたことを相談すると

より安心できるでしょう。



ちなみに、エステサロンの一部で

やっているセルフホワイトニングも、

妊婦さんは基本的にできません。








卒乳を待ってからでも遅くない?授乳中のホワイトニング



では出産後、授乳中

ホワイトニング

はどうなのでしょうか?



授乳中のホワイトニングも、妊娠中と

同じで、基本的には避けるべきだと

考えられています。



理由は、母乳や赤ちゃんに対する

ホワイトニングの影響が

よく分かっていないからです。



繰り返すようですが、これはまだ

実験がされていないという意味で、

ホワイトニングが危険だという意味では

ないので安心してくださいね。



多くの歯医者さんでは、

ホワイトニングは急ぐ必要のないもの

だと考えられています。



虫歯など、将来の歯に

悪影響が出るものは

早めに処置しなくてはいけませんが、

歯をきれいに見せる処置だけなら、

万全の態勢になるのを待ってからでも

遅くはないですよね。



産後の体や赤ちゃんのことなど、

まずは大切なことを優先して、

それが落ち着いてからホワイトニングを

始める方がいいかもしれませんね。




しかし、歯医者さんによっては

授乳中のホワイトニングの影響は

さほど気にしてなくていいと

考えていることもあるようです。



どうしても急いで

ホワイトニングをしたい、

という場合は、

母乳育児をしていることを踏まえて

歯医者さんで相談して下さいね。








ホワイトニングは不必要でも、妊娠中の歯科ケアは大切



上記では、妊娠中や授乳中の

ホワイトニングは基本的に

さけたほうがいいとご紹介しました。



しかし、歯医者さんでの検診は

ぜひおすすめしたいです。



その理由は、

妊娠中の口内環境にあります。



実は、妊娠中は

口内トラブルが起きやすい
んです。



その原因は大きく2つあります。

1つは、つわりです。

つわりは妊娠初期に

よく見られる症状です。



においに敏感になったり、

口に物を入れると吐き気を覚えたり

するため、歯磨きが辛くなってしまう


こともあります。



そのため、口内ケアがうまくできず、

トラブルが起きやすいんです。



また、つわり中の食事の取りかたで

虫歯になりやすくなる

ケースもあります。



例えば、少量ずつちょこちょこ食べを

すると、口の中が酸性になっている

時間が長くなり、

虫歯菌の影響をうけやすくなる
んです。



そして原因の2つめは、

唾液の量が減ってしまうこと
です。



唾液には、歯を虫歯から守ったり、

食事のときに歯から溶け出す

ミネラル分を補ってくれる

働きがあります。



しかし、妊娠するとホルモンバランスの

変化によって唾液の量が

減ってしまう
んです。



口内トラブルが起きやすくなるのは

仕方のないことです。



しかし、定期的に歯医者さんで

チェックしてもらえば安心ですよね。



体調が落ちついたら、

通院を検討してみてはどうでしょうか。








まとめ



妊娠中・授乳中にホワイトニングはしてもいい?赤ちゃんに影響はない? ホワイトニングは

安全に歯を白くできる方法です。



しかし、赤ちゃんへの影響については

具体的に分かっていません。



そのため、ほとんどの歯医者さんでは

妊娠中や授乳中のホワイトニングは

避けるべきと考えられています。



ただ、妊娠中や授乳中は、

ホルモンバランスの変化から

口内トラブルが起きやすくなっている

時期でもあります。



虫歯や歯周予防も兼ねて

歯科検診を受けるのは大切なことです。



気になる方は、ホワイトニングの予定も

合わせて、歯医者さんで相談してみては

いかがでしょうか。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー