インプラント、セラミック、差し歯、レジンなど、歯医者で治療した歯をホワイトニングで白くすることはできる?



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



インプラント、セラミック、差し歯、レジンなど、歯医者で治療した歯をホワイトニングで白くすることはできる?



インプラント、セラミック、差し歯、レジンなど、歯医者で治療した歯をホワイトニングで白くすることはできる? 歯の黄ばみは

ホワイトニングで白くできます。



では、インプラントやセラミック

といった人工歯の黄ばみ

ホワイトニングできるのでしょうか?



インプラント、セラミック

差し歯、レジンといった人工歯の

黄ばみの特徴や、ホワイトニング方法

についてまとめています。



人によっては、自分の歯の素材が

分からない場合もあるようですが、

そんな方にも見ていただける内容です。








変色しにくいセラミック歯とホワイトニング



セラミックとは、

もともとある歯の表面を削って、

セラミック製の歯をつけたり

かぶせた歯のこと
です。



セラミックにもいろいろな種類が

ありますが、削れにくく

変色しやすいのが特徴
です。



ただ、丈夫なセラミックの歯も、

治療からしばらくすると

黄ばんで見えてしまうことがあります。




セラミック歯の黄ばみは、

歯医者さんで白くすることができます。



しかし、白くするといっても、

一般的に言われるホワイトニングとは

少し方法が違います。



歯医者さんでの

一般的なホワイトニングは、

過酸化水素などの薬剤を使って、

歯表面の汚れを落としたり、

歯を白くしたりします。



セラミックの場合は、

薬剤で歯そのものを

白くすることが

できません。




歯医者さんでセラミックを白くするには

次の3つの方法があります。



  • 表面の汚れを落とす


セラミックそのものは

変色しにくいです。



それでも黄ばむ原因は、

食べ物などからの着色汚れが

考えられます。


そのため、表面の汚れを落とす

ホワイトニング
をすれば、

きれいになることがあります。



  • 表ツヤを出して輝きを取り戻す

セラミックは削れたり変形したり

しにくいのが特徴ですが、

使っているうちに表面のツヤが

なくなってしまい、

黄ばんでみえてしまうことがあります。



こちらも歯医者さんで

対応してもらえます。



方法としては、表面を磨いたり

ツヤを出すペーストを塗ったり
します。



  • セラミックを変える

セラミックそのものを

新しく変えてしまう方法です。



時間はかかりますが、歯科医と相談して

好みの白さにすることができます。



このように、セラミックは

表面が汚れたり、ツヤが落ちたり

してしまうことはありますが、

変色はしにくい素材です。



セラミックそのものの色を

変えたいのであれば、

作り直しが必要になる場合があります。








差し歯のホワイトニング、保険適用と自費負担の違い



インプラント、セラミック、差し歯、レジンなど、歯医者で治療した歯をホワイトニングで白くすることはできる? 差し歯は、

もとからある歯の根元に、

人工の土台とかぶせものをした歯


のことを言います。



インプラントと勘違いされることも

ありますが、大きな違いは、

歯の根元が自分のものかどうか

あります。



差し歯も治療後に

黄ばんでくることがありますが、

歯医者さんでまた白くできます。



差し歯も、歯そのものの色を変える

ホワイトニング

できません



表面の汚れを落とすホワイトニングで、

食べ物などによる

着色汚れを落とすことになります。



ただ、一口に差し歯といっても

これには2つの種類があります。



1つは、保険適用でつけた差し歯です。

もう1つは、

自費負担でつけた差し歯です。



保険適用のものは

裏面が銀色になっているので、

見てすぐにわかるはずです。



保険適用のものは変色しやすく、

自費負担のものは

変色しにくいのが特徴です。



そのため、自費負担の歯は

表面の汚れを落とすホワイトニングで、

本来の色を取り戻しやすいです。



反対に保険適用の歯は、

表面の汚れを落としても

素材そのものが変色している場合には、

黄ばんだままとなってしまうんです。



もしも、歯そのものの変色が

気になるなら、

作り変える必要があります。



変色しにくいセラミックやインプラント

にするのも手ですが、

価格が気になりますよね。



その場合は、また保険適用の

差し歯で作り変えるのもいいでしょう。



保険適用で差し替えても、

数年後にはまた変色してしまいますが、

費用は抑えることができます。








レジン表面の黄ばみもホワイトニングで白くできる



『歯のつめもの』とも言われるのが

レジンです。



レジンは、色合わせや加工が

しやすいのですが、

強度はさほどありません。



そのため、歯の隙間を埋めるなど、

小さな範囲に使われていることが

多いです。



レジンにも保険適用と

自費負担の2種類があります。



保険適用のものは治療後から数年で

変色してしまうことがありますが、

自費負担のものは変色しにくいです。



ただ、どちらも使っているうちに、

表面に着色汚れがついて

黄ばんできてしまいます。




表面の黄ばみは歯医者さんの、

表面の汚れを落とすホワイトニングで

きれいにできます。



レジンの場合も、ホワイトニングで

素材そのものの変色を

戻すことはできません。




もしも、ホワイトニングをしても

レジンの色が気になるという場合は、

詰め替えが必要になってきます。








インプラントは、セラミック製とレジン製の2種類



インプラントは、

歯の根元から表面までを、

全て人工歯にしたもの
です。



インプラントには

セラミック製レジン製があります。



セラミックとレジンの特徴や

ホワイトニングの方法は、

上でご紹介したのと同じです。



どちらも、ホワイトンニングで

素材そのものの色は変えられませんが、

表面の着色汚れを落として

きれいにすることはできます。



自分の歯にあったホワイトニング方法を

歯医者さんで相談してみると

いいですね。








まとめ



インプラント、セラミック、差し歯、レジンなど、歯医者で治療した歯をホワイトニングで白くすることはできる? セラミック、差し歯、レジン、

インプラントといった人工歯の黄ばみの

特徴や、ホワイトニングの方法について

ご紹介しました。



歯医者さんでのホワイトニングは、

薬剤を使って、歯表面を白くする方法が

一般的です。



しかし、一度つけてしまった

人工の歯は、

素材そのものを白くすることが

できません。



表面の汚れを落とすホワイトニングは

できますが、歯自体の色を

変えたいときには

作り変える相談が必要になってきます。



人によっては、自分が使っている

歯の素材が分からないという方も

いらっしゃいますが、

記事内で紹介した各人工歯の特徴から、

おおよその検討がつけられるかと

思います。



それでもわからない時は、

歯医者さんで確認してもらえますので、

ホワイトニングの方法と合わせて

相談してみるといいですよ。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー