歯の黄ばみがすぐ戻るって本当?ホワイトニング漂白効果の持続性を検証!



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



歯の黄ばみがすぐ戻るって本当?ホワイトニング漂白効果の持続性を検証!



歯の黄ばみがすぐ戻るって本当?ホワイトニング漂白効果の持続性を検証! ホワイトニングをやってみたい、

と思っている人の

気になることのひとつが

効果の持続性

ではないでしょうか。



せっかく歯が白くきれいになっても、

すぐ戻ってしまったら

ガッカリしてしまいますよね。



いったい効果は

どれくらい持続するのでしょうか。



また、「ホワイトニングをしても

黄ばみがすぐ戻る」と聞くことが

ありますが、本当なのでしょうか?



こちらでは、

ホワイトニングの漂白効果の

持続性
についてみていきましょう。








ホワイトニング効果の持続性は約3ヶ月~1年



効果の持続性は、

ホワイトニングの方法によって

少し違いがあります。



ホワイトニングには大きく分けて

次の2つの方法があります。



  • オフィスホワイトニング(効果の持続:約3か月~10ヶ月)

  • ホームホワイトニング(効果の持続:約6か月~1年)



オフィスホワイトニングとは、

歯医者でおこなうものです。



医師の管理の元でおこなわれるので、

薬剤には効果の高いものが使われます。



薬剤の効果が高いので、

それだけ歯が白くなるのも早く、

短期間・短時間で

ホワイトニングが終了
します。



そして、ホームホワイトニングとは、

自宅でおこなうものです。



毎日決められた時間、薬剤を入れた

専用のマウスピースをはめて、

歯を白くしていきます。



使う薬剤の効果は

オフィスホワイトニングよりも弱め。

そのため、歯が白くなるまでには

少し時間がかかります。




このように、

ホワイトニング効果の持続性は

ホワイトニングをする方法によって

違ってきますが、

白くなるまでにかかる時間が長いほど、

持続性も長い傾向
があります。



これは、薬剤をじっくり浸透させて

歯を白くしたほうが、

効果が持続しやすいからだと

考えられています。








すぐ戻るは勘違い!?ホワイトニングの仕組みと黄ばみが戻る原因から検証!



黄ばんだ歯が白くきれいになる

ホワイトニングですが、残念ながら、

その効果は永久ではありません。



ホワイトニングの直後は

白くきれいだった歯も、

次第に黄ばみが戻ってきてしまいます。



では、なぜ黄ばみが戻るのでしょうか?

歯が黄ばむ原因と、

黄ばみがすぐ戻る理由について

考えてみましょう。



まず、歯が黄ばむ原因についてです。

これには次のようなものがあります。



  • 食べ物や飲み物からの着色

  • 歯の内部の象牙質の変色



食べ物や飲み物の中には、

色素が強いものが多くあります。

例えば、カレー、ケチャップ、ワイン、

コーヒー
などが代表的です。



例えば、飲み物をのんだ後、

コップの中をのぞくと、

飲み物の色がついていることが

ありませんか?



これと同じように、口にした物の色が

歯についたまま残ってしまうと、

歯は黄ばんでしまいます。




私たちの歯の色は、

もともと真っ白ではありません。



歯は、黄色みがかった象牙質を、

半透明なエナメル質が覆うようにして

できています。



普段私たちが見ている歯の色は、

象牙質の黄色が

半透明のエナメル質から

透けて見えている色
なんです。



象牙質の黄色は、年齢とともに、

どんどん強くなっていきます。


また体質の変化によっても

黄色みが強くなることがあります。



若い時は白かった歯がいつのまに

か黄ばんでいた、というケースでは、

食べ物などによる着色汚れのほかに、

加齢による象牙質の色の変化が

原因として考えられるのです。



ホワイトニングでは、このような

黄ばみの原因にあわせて、

歯を白くしていきます。



薬剤によって、歯についた着色汚れを

落としたり、歯表面のエナメル質の色を

半透明から白色に変化させたりして、

白くします。



歯の黄ばみの原因や、ホワイトニングで

歯が白くなる仕組みをみると、

「ホワイトニング後の着色汚れにさえ

気を付ければ、歯は白いままで

いられるんじゃないの?」と

思いますね。



しかし、そうでもないんです。

ホワイトニングで

歯の表面を白くしても、

歯自身の働きによって

また半透明に戻ってしまうんです。




この働きを『再石灰化』といいます。

再石灰化は1日を通して

何度も口の中で起きています。



私たちが食事をすると、

口の中は酸性になります。

酸性になると、歯の表面からは

ミネラル成分が溶け出してしまいます。



しかし、食事が終わってしばらくする

と口の中は中和され、唾液によって

ミネラル成分の修復がおこなわれます。



こうやって歯の表面は

溶ける、修復する、

を繰り返しています。



この変化にともなって、ホワイトニングで

白くした歯が

半透明に戻ってしまうんです。



時々、「ホワイトニングをしても

黄ばみがすぐ戻る」といった話を

きくことがありますね。



しかし、ホワイトニングの仕組みや、

歯が黄ばむ原因をみると、

ホワイトニング後に

黄ばみがすぐ戻るようなことは

基本的にないと言えるでしょう。



黄ばみがすぐ戻る原因としては、

色の濃い物を口にしてしまったこと

でおこる着色汚れが考えられます。








ホワイトニングの漂白効果をより持続させるポイント2つ



ホワイトニングで歯を白く

きれいにしたら、できるだけ長く

効果を持続させたいですよね。



ホワイトニングの漂白効果を

より持続させるには

次のようなポイントがあります。



・新たな着色汚れを防ぐ

歯の黄ばみの原因になりやすい、

色の強い食べ物や飲み物に

気をつけましょう。




特に、ホワイトニングをした後は

色がつきやすくなっています。

もし色素の強い食事をしてしまったら、

すぐにうがいや歯磨きをしましょう。



普段から歯磨きで汚れを落とすように

心がけているといいですね。



・定期的に追加のホワイトニングをする

どんなに着色汚れを防いだり、

毎日の歯磨きをがんばっても、

再石灰化による歯の色戻りを

完璧に防ぐのは難しいことです。



歯の黄ばみが戻らないためには、

定期的に追加のホワイトニングを

うけるようにする
といいですよ。








まとめ



歯の黄ばみがすぐ戻るって本当?ホワイトニング漂白効果の持続性を検証! ホワイトニングの効果は

ずっと続くものではありません。



効果の持続性は、どのような方法で

ホワイトニングをしたかによっても

違ってきますが、

早ければ3ヶ月ほどで

黄ばみが戻ってしまいます。



これは歯の再石灰化という

働きによるもので、

どんなに歯磨きに気をつけていても

防ぎようがないものです。



一方で、ホワイトニング後に

黄ばみがすぐ戻るという話を

きくこともあります。



しかし、歯の黄ばみの原因や

ホワイトニングの仕組みを考えると、

着色汚れに気をつけていれば

黄ばみがすぐ戻るということは

少ないと言えそうです。



ホワイトニングの効果を

より持続させるには、

色素の強い食べ物に気をつけたり、

定期的に追加のホワイトニングを

うけることがおすすめです。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー