実は毎日使うのはNG!?ホワイトニング歯磨き粉で歯が白くなる仕組みとメリット&デメリット | ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



実は毎日使うのはNG!?ホワイトニング歯磨き粉で歯が白くなる仕組みとメリット&デメリット


実は毎日使うのはNG!?ホワイトニング歯磨き粉で歯が白くなる仕組みとメリット&デメリット
「自宅で手軽に

ホワイトニングをしたい!」

という人に

選ばれている方法のひとつに、

ホワイトニング歯磨き粉

があります。



こちらでは、

ホワイトニング歯磨き粉の

効果や、歯が白くなる仕組み、

メリットとデメリット


ご紹介します。








自宅で手軽にホワイトニング♪歯を白くする効果がある歯磨き粉



歯のホワイトニングは

歯医者でするもの、

というイメージがありますね。



しかし、自宅でも手軽に

できる方法があるんですよ。

それは、ホワイトニング効果のある

歯磨き粉を使うこと
です。



歯磨き粉の中には、歯を白くする成分が

含まれている製品があるんですよ。



歯磨き粉の成分まで意識して

買い物をしている人は、

あまり多くないかもしれませんね。



でも実は、ホワイトニング効果のある

歯磨き粉は

とても身近な存在なんです。



実際に、

歯を白くする効果のある歯磨きは、

市販品でもたくさんあります。

値段も手軽なものがほとんどです。



ひょっとしたらみなさんのお宅で

使っている歯磨き粉にも、

ホワイトニング効果のある成分が

入っているかもしれません。








ホワイトニング歯磨き粉のタイプと、歯が白くなる仕組み



自宅で手軽にホワイトニングができる

歯磨き粉とは、いったい

どのようなものなのでしょうか。



また、どのような仕組で

歯の黄ばみをとるのでしょうか。



ホワイトニング効果のある

歯磨き粉には、

大きくわけて次の2つに分けられます。



  • 研磨剤タイプ

  • 漂白剤タイプ



研磨剤タイプは、私たちの身近にある

一般的な歯磨き粉です。



研磨剤とは、歯を磨く成分のことで、

歯の表面を磨いて削ることで

着色汚れなどを落とします。




成分名では炭酸カルシウム、シリカ

などがあります。



研磨剤が入っているかどうかは、

歯磨き粉の裏に書いてある

成分表示をみると分かります。



成分表示に『清掃剤』の欄があれば、

研磨剤が入っています。

ご自宅にある歯磨き粉の裏を

ご覧になってみてください。



多くの歯磨き粉に

研磨成分が入っていますよ。



漂白剤タイプは、

歯を白くする効果がある

薬剤が入っているものです。

薬剤には過酸化尿素ポリリン酸

使われていることが多いです。



過酸化尿素は、

ホームホワイトニングでも

使われる薬剤で、

歯の着色汚れを分解したり、

歯表面を白く見せたりする効果


あります。



ポリリン酸は、歯の着色汚れを

分解するだけではなく、

歯表面をコーティングして

汚れをつきにくくする効果
もあります。



ポリリン酸自体は、

食品添加物の一種で、

誰でも手軽に入手できます。



そのため、エステサロンでの

ホワイトニングでも

使用されているんですよ。



また、歯をコーティングする

働きがあることから、

歯医者で使われるホワイトング剤の中に

配合されていることもあります。



薬剤の効果でみると、

ポリリン酸よりも過酸化尿素のほうが

歯を白くする効果が高いです。



ただ、漂白剤タイプの歯磨き粉は、

研磨剤タイプに比べて

あまり一般的ではありません。



購入するには、通販サイトで買ったり、

歯医者で買うといった方法があります。








手軽!自然!やさしい!安い!ホワイトニング歯磨き粉のメリット



毎日のお手入れで

手軽に歯を白くできる、

ホワイトニング歯磨き粉。



これには次のようなメリットも

あるんですよ。



  • 歯医者に行かなくていい

一般的なホワイトニングでは、

歯医者に行って薬剤を
塗ってもらったり、

専用のマウスピースと薬剤を使い

自宅でホワイトニングを

する必要があります。


これをするには、

まず歯医者に行かなくてはなりません。



しかし、歯磨き粉を使った

ホワイトニングであれば、

特別な手間は必要ありません。



これまでと同じように、

自宅で歯磨きをすればいいだけです。



  • 自然に歯を白くできる

歯医者でおこなうホワイトニングは

短期間で歯を白くできます。



その反面、白くしたばかりだと

他の人にすぐに分かってしまいますし、

ホワイトニングの方法によっては

不自然なほど

白くなってしまうこともあります。




ホワイトニング歯磨き粉は、

毎日のお手入れで少しずつ効果

が出るものなので、

急に真っ白になったり、

不自然な白さになる心配がありません。




  • お口にいい成分が配合されているタイプもある

ホワイトニング歯磨き粉によっては

歯を白くする成分のほかにも、

口内環境改善にいい成分が

配合されている製品
もあります。



例えば、歯のエナメル質を強くしたり、

歯周病を予防したりする成分などです。



  • 低コスト

歯医者でホワイトニングをすると

数万円かかってしまいますが、

歯磨き粉なら値段も安いです。



製品によって値段は違いますが、

研磨剤配合のものは200円くらいから、

漂白剤成分配合のものは

1,000円くらいから購入できます。








白くなりにくい?さらに黄ばむ?ホワイトニング歯磨き粉のデメリット



実は毎日使うのはNG!?ホワイトニング歯磨き粉で歯が白くなる仕組みとメリット&デメリット 手軽に使える

ホワイトニング歯磨き粉ですが、

いいことばかりではないんです。



こちらでは

デメリットをみていきましょう。



  • 効果が分かりにくい

ホワイトニング歯磨き粉は

自宅で手軽に使える反面、

効果が分かりにくいという

点があります。



また、使い続けても

真っ白にはなりません。



すぐに効果が欲しい、

真っ白にしたいという人は、

歯医者さんでのホワイトニングが

おすすめです。



  • 黄ばみの原因になることがある

研磨剤タイプの歯磨き粉は、

歯の表面を削ることで

着色汚れを落とすとご紹介しました。



実は研磨剤入りの歯磨き粉を、

使い続けることで、

歯の表面が傷ついてしまったり、

歯表面のエナメル質が

薄くなってしまう場合があるんです。




歯の傷から汚れが入り込んだり、

エナメル質が薄くなったりすると、

歯の黄ばみが

目立ちやすくなってしまいます。



また、漂白剤タイプでも、

歯のコーティング成分が

入っていない製品を使うと、

歯に着色汚れがつきやすい状態に

なってしまうこともあります。



このケースでは、

色の強い食べ物や飲み物を

口にしないように気をつけないと、

すぐに歯が黄ばんでしまいます。







まとめ



実は毎日使うのはNG!?ホワイトニング歯磨き粉で歯が白くなる仕組みとメリット&デメリット ホワイトニング歯磨き粉を使えば、

自宅で手軽に

ホワイトニングができます。



歯を白くする効果のある歯磨き粉は

大きく分けて

『研磨剤タイプ』と

『漂白剤タイプ』の2種類です。



しかし、

メリットばかりではありません。



効果が出にくかったり、目的とは逆に

歯が黄ばみやすくなったりといった

デメリットもあります。



特に、研磨効果の高い歯磨き粉は、

毎日使い続けることで

どんどん歯を削ってしまう

心配があります。



ホワイトニング歯磨き粉を

選ぶときには、

成分や期待できる効果をよく比較して

選んだり、必要な時だけ使うなど、

上手に活用したいですね。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー