ホワイトニングの成分で歯が溶けて虫歯になりやすいって本当?



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



ホワイトニングの成分で歯が溶けて虫歯になりやすいって本当?



ホワイトニングの成分で歯が溶けて虫歯になりやすいって本当? 歯を白くするホワイトニングに

ついて、いろいろな疑問を

持っている人が多くいるようです。



中には「虫歯に

なりやすいんじゃないか?


という疑問を持っている人も

いるのではないでしょうか。



こちらでは、ホワイトニングの

歯への影響や、虫歯との関係について

みていきましょう。








ホワイトニングで虫歯になりやすい?歯のペクリルと脱灰



ホワイトニングをする

と虫歯になりやすいという噂を

きいたことがありませんか?



これは、ホワイトニングで

歯に変化が起こることから

このような噂を聞くようになったと

言われています。



普段、歯の表面は

ペクリルという膜に覆われています。



ペクリルには脱灰を防いだり、

歯に汚れをつきにくくする

働き
があります。



しかし、ホワイトニングをすると、

ペクリルがはがれた状態になり、

脱灰が起きやすくなってしまうんです。





脱灰とは、歯の表面から

ミネラルが溶け出してしまうこと
です。



脱灰は次のような時におこります。


  • 食事中

  • 虫歯のはじまり


しかし、私たちの口の中には、

脱灰を元に戻す修復機能が

備わっている
んですよ。



そのため、脱灰が起きたらからといって

すぐに歯に穴が開いてしまうわけでは

ありません。



また、ホワイトニングの薬剤によって、

歯そのものに傷がつくわけでも

ありませんので、

安心していただいて大丈夫です。



次の項目から、

脱灰やその修復機能につい

て詳しくみていきましょう。








脱灰がおこっても、すぐ虫歯にはならない



そもそも、虫歯はどうやって

できるのでしょうか?



私たちの口の中には、

虫歯を作る菌がいます。



虫歯を作るのは

ミュータンス菌です。

虫歯菌と呼ばれることもありますね。



人が食べ物をたべると、

食ベカスが歯の隙間などに

入り込みます。



ミュータンス菌は

食べカスなどをエサに、

酸を生み出します。



この酸によって、

歯のミネラル分が溶け出す脱灰が

おこります。




しかし、脱灰がおこったからといって、

すぐに虫歯になるわけではありません。



脱灰がおこった部分は

白っぽくなりますが、

まだ穴は開きません。



この時点であれば歯をもとに戻し、

虫歯を防ぐこともできるんです。



ミュータンス菌による

脱灰が進んでいくと、

歯に穴が開き、

虫歯になってしまいます。








脱灰は再石灰化で修復される



では、食事で起こる脱灰と、

口の中の修復機能について

みていきましょう。



歯からミネラルが溶け出すことを

脱灰といいますが、実は1日

に何度も口の中で起きているんですよ。



脱灰をおこす要因のひとつが

「食事」です。



食事をすると、

食べ物を消化する働きから、

口の中が酸性になります。

酸には脱灰をおこす

働きがあります。



つまり、口の中では食事のたびに

歯の成分が少しずつ

溶け出してしまっているんですね。



しかし、歯はずっと

脱灰し続けているわけではないんです。



口の中には歯を修復する

働きがあるんですよ。

特に活躍するのが唾液です。



唾液は食後の口内を中和して、

歯から溶け出した成分を

元に戻す働き
をしてくれるんです。



このように、人が食事をすると口の中で

脱灰がおこり、しばらくすると再石灰化

がはじまります。



これは食事のたびに

繰り返されています。








ホワイトニングで虫歯になりやすいはウソ!



ホワイトニングの成分で歯が溶けて虫歯になりやすいって本当? さて、ホワイトニングで

虫歯になりやすいかどうかについてです。



ズバリ言うと、ホワイトニングで

虫歯になることは

ありません。



歯医者さんのホワイトニングや

ホームホワイトニングで使われる

薬剤には、過酸化水素や過酸化尿素

といった成分が入っています。



これらの成分によって、

ホワイトニング後は一時的に

脱灰がおきやすくなっています。



ホワイトング剤の強さによっては

脱灰をおこすこともありますが、

食事のときと同じように、

すぐに再石灰化がはじまります。



そのため、ホワイトニングを

したからといって、

口の中が酸性に保たれたり、

歯のミネラルが溶け出し続けたり

するわけではありません




また、過酸化水素や過酸化尿素は、

歯にダメージを与えない成分である

ことが分かっています。



歯に傷をつけたり

虫歯にしたりする心配はないんですよ。



ただ、ホワイトニング直後は

歯がデリケートな状態に

なっていますので、酸性の飲食物は

控えたほうがいい
でしょう。



具体的には、レモン、炭酸飲料、

酢の物などです。



また、着色汚れもつきやくなって

いますので、紅茶やコーヒーなどの

色の強い飲食物にも

気をつける必要があります。



それでも脱灰が心配だという人は、

ホワイトニング後に

フッ素を塗るのがおすすめです。



フッ素には再石灰化を

促す働き
があります。



歯医者さんでのホワイトニング後には、

たいていフッ素を塗るケアまで

してくれます。



もし心配でしたら、

医師に相談してみてください。



また、ホームホワイトニングの場合は、

フッ素が入ったペーストなど、

口内ケア製品を

チェックしてみるといいですよ。








まとめ



ホワイトニングの成分で歯が溶けて虫歯になりやすいって本当? ホワイトニングをすると

歯表面を覆っていたペクリルが

はがれてしまい、

脱灰をおこしやすくなってしまいます。



だからといってすぐに虫歯に

なってしまうわけではありません。



もしも脱灰がおこってしまっても、

口の中では再石灰化という

歯の修復機能が働きます。



ホワイトニングをすると

虫歯になりやすいという噂については、心配しなくてもよさそうです。



ホワイトニング後に避けるべき食べ物や

飲み物をとらないようにしたり、

歯磨きなどの日常的なケアは

しっかりしていきたいですね。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー