ホワイトニングが安全で副作用がないと言われる理由は成分にあり



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



ホワイトニングが安全で副作用がないと言われる理由は成分にあり


ホワイトニングが安全で副作用がないと言われる理由は成分にあり
ホワイトニングをすると

黄ばんでいた歯が、

白くきれいになります。



その見た目の美しさから、

「こんなにきれいになるんだったら、

体に悪い影響もあるんじゃないの?」

と思う人も多いようです。



そんな疑問を解消するべく、

ホワイトニング

安全性副作用

薬剤に使われる成分の

特徴と効果

についてご紹介していきます。



これを見ると、ホワイトニングに

より興味が出るはずですよ。








ホワイトニングは安全性が高く、副作用はほぼ無し!



ホワイトニングは薬剤を使って、

歯の着色汚れを落としたり、

表面を白くしたりします。



使われる薬剤は、

過酸化水素

過酸化尿素

といったものが主流です。



薬剤の名前だけを聞くと、

「安全な薬なの?」

「どんな作用をするの?」

といった不安を覚える人も

いらっしゃるかもしれませんね。



でも、安心して下さい。

歯医者などでおこなっている

ホワイトニングで使われる薬剤は、

安全性が高いものです。



ホワイトニングの薬剤で

歯が傷つくことはない


と言われているんですよ。



体に悪影響を及ぼすような

副作用もほとんどありません。



しいて言えば、人によって

薬剤が刺激になることが

あるという程度でしょうか。



例えば、歯にヒビのある人や、

知覚過敏の人はホワイトニングが

できないことがあります。




これは歯のヒビや知覚過敏といった

デリケートな状態では、薬剤の刺激に

耐えられない可能性があるためです。



また、歯にヒビや

知覚過敏のない人でも、

ホワイトニング中に

知覚過敏のような刺激を

感じることもあります。



しかし、知覚過敏が心配な人でも、

事前に歯のヒビや

知覚過敏の治療をすれば、

ホワイトニングをすることが

できるんですよ。



また、歯医者でのホワイトニングなら、

薬剤を使っている時に刺激を感じても

すぐにホワイトニングを中断して

適切な処置をとることができますので

安心してくださいね。








漂白効果で歯を白くする成分『過酸化水素』



ホワイトニングでよく使われる

薬剤の1つが過酸化水素です。



過酸化水素は

殺菌や漂白の効果を持つ薬剤です。



この過酸化水素という名前を

どこかで聞いたことがあるという人も

いらっしゃるのではないでしょうか。



実は、傷の消毒に使うオキシドールは、

過酸化水素を薄めたものを

用いているんですよ。



過酸化水素の

効果のひとつである『漂白』




色を白くすると聞くと、

体に悪いのではないかと

心配になってしまうかもしれませんね。



でも、これは歯を傷つけたり、

歯に色を付けたりして

白くしているわけではないんです。



色を白くするのは過酸化水素が持つ

汚れを分解して無色化する働き

によるものなんですよ。



過酸化水素については、

すでにいろいろな研究がなされていて

歯にダメージを与えない

ことが分かっています。








自宅ホワイトニングでよく使われる成分『過酸化尿素』



ホワイトニングに使われる

主な薬剤の一つが過酸化尿素です。



ホワイトニングには、

歯医者さんで医師がおこなうものと、

自宅で自分でおこなうもの、

エステサロンで行われるものの

3つがあります。



過酸化尿素はこのうち、

自宅でのホワイトングに

よく使われる薬剤です。



効果は過酸化水素と同じですが、

過酸化尿素は、過酸化水素よりも

刺激が弱い薬剤です。



歯を白くする効果があり、

歯へのダメージ

少ないんです。








漂白&着色汚れを防ぐ成分『ポリリン酸』



ポリリン酸

ホワイトニングで使われる薬剤です。



主に、エステサロンでの

ホワイトニングで

使われています。



ポリリン酸には、

歯についている着色汚れを

分解する効果
があります。



しかし、もともとホワイトニング用に

作られた薬剤というわけでは

ないんですよ。



実は、食品添加物の一つで、

誰でも入手できるものなんです。



エステサロンで使われているというのも、

この入手のしやすさが理由です。



ポリリン酸には過酸化水素ほどの

漂白効果はありません。



しかし、刺激が少なく、

ホワイトニング後の着色汚れを

防ぐ効果
も持っています。



そのため、歯医者によっては

ホワイトニング剤の中に

ポリリン酸を配合して、

より歯にやさしいホワイトニングを

おこなっていることもあるんですよ。








歯を知覚過敏の刺激から守る成分『硝酸カリウム』



ホワイトニングには、

漂白効果のある成分のほかに、

歯を刺激から守るための成分

配合されていることがあります。



その、歯を守る成分のひとつが

硝酸カリウムです。



硝酸カリウムには、

歯の表面をコーティングして

知覚過敏などの刺激を

防ぐ効果があります。



ホワイトニングでは

安全性の高い薬剤が使われていますが、

人によっては知覚過敏のような刺激を

感じることがあると、

はじめにご紹介しました。



そこで活躍するのが

硝酸カリウムの効果です。



ホワイトニングの薬剤に

硝酸カリウムを加えることで、

知覚過敏の刺激を

感じにくくなる
んです。



硝酸カリウムの効果は、

ホワイトニングだけではなく、

家庭で使われている歯磨き粉にも

用いられています。



例えば、知覚過敏用として

販売されている歯磨き粉の中には、

硝酸カリウムを配合しているものが

あるんですよ。







まとめ



ホワイトニングが安全で副作用がないと言われる理由は成分にあり ホワイトニングは安全で

副作用の心配がないとされています。



その理由は、

使われている薬剤にあったんです。



この記事では、

ホワイトニングに使用される主な成分、

過酸化水素、過酸化尿素、ポリリン酸、

硝酸カリウムの特徴や効果について

ご紹介しました。



成分の働きや、ホワイトニングで

歯が白くなる仕組みを知ると、

より安心してホワイトニングを

うけることができますね。



もしも、

「それでもやっぱり副作用が心配だ。」

という場合や、

「歯が弱くて、

ホワイトニングを受けられるか不安だ。」

という人は、事前に歯医者で

相談してみるといいですよ。



歯の状態に合わせて

適切な方法を提案してくれます。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー