虫歯予防のフッ素入り歯磨き粉は、ホワイトニング効果低下の原因に



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



虫歯予防のフッ素入り歯磨き粉は、ホワイトニング効果低下の原因に



虫歯予防のフッ素入り歯磨き粉は、ホワイトニング効果低下の原因に 歯に関心のある皆さんなら、

フッ素という言葉を

聞いたことがあるかと思います。



フッ素は虫歯予防効果など、

歯にいい成分として知られていますね。



ご自宅で、歯磨き粉や口内洗浄液など、

フッ素入りのケア用品を使っている人も

多いのではないでしょうか。



しかし、フッ素がホワイトニングに

影響を与えしまうこともあります。



こちらではフッ素の効果や、

ホワイトニングに与える影響について

みていきましょう。








『フッ素』は歯を強化して虫歯を防ぐ



虫歯予防のフッ素入り歯磨き粉は、ホワイトニング効果低下の原因に フッ素は「歯にいい」と

いわれる成分のひとつです。

その効果や働きを知っておくと、

ホワイトニング時の

口内ケアにも役立ちますよ。



フッ素の効果は大きく3つです。


  • 歯の再石灰化を助ける


私たち人間の歯の表面は毎日、

溶けて修復して、を繰り返しています。



歯が溶けるのは、

口の中が酸性に傾いたときです。



口の中が酸性に傾くのは

主に食事中です。



これは食べ物を消化するための

大切な体の働きでもあるのですが、

歯の表面からもカルシウムなどの成分が

溶けだしてしまうんです。



これを

「脱灰(だっかい)」といいます。

脱灰中は、歯が弱くなっています。



しかし、食後しばらくすると

口内は中和され、歯表面のエナメル質も

補修されます。




この再形成を

「再石灰化(さいせっかいか)」

といいます。



フッ素には、この再石灰化を

促進する働き
があるんです。




2.歯の表面を強くする

歯の表面はエナメル質でできています。

もっと詳しくみると、カルシウムや

リンといった成分が

結びついた結晶などでできています。



その結晶のひとつにあるのが

ハイドロキシアパタイトです。



ハイドロキシアパタイトは

酸の影響をうけやすく、弱い結晶です。



しかし、ハイドロキシアパタイトに

フッ素がつくと、

フルオロアパタイトという

酸に強い結晶に変わります。



その結果、エナメル質が強化され、

脱灰に強く虫歯の影響も

受けにくくなる
んです。



3.虫歯をできにくくする

虫歯菌は、食べかすなどをエサに

酸を作ります。



この酸は、歯の脱灰をおこします。

脱灰は再石灰化で修復されると

ご紹介しましたが、食べカスが口の中に

残ったままだと、虫歯菌はどんどん酸を

作りだし、脱灰も進行してしまいます。



結果、歯に穴があいて

虫歯になってしまうんです。



ところが、

ここでもフッ素が活躍します。

フッ素には、虫歯菌の働きを

抑える効果
もあるんですよ。



つまり、酸が作られにくくなり、

虫歯の予防につながる

というわけなんです。



フッ素にはいくつかの

種類があります。



例えば、フッ化ナトリウム、

フッ化リン酸ナトリウム、

フッ化第一スズなどです。



フッ素はいくつかの成分が結びついた

フッ化物で、それらをまとめて

「フッ素」と呼んでいるんです。



どれも上記のような効果を

もたらしてくれますが、詳しくみると

種類によって性質に違いが

あるんですよ。








フッ素がホワイトニングの効果を低下させる



フッ素はその効果から、

フッ素を使った定期的なケアが

すすめれています。



また、口内ケア用品にも

フッ素を含むものが多いです。

歯磨き粉もそのひとつですね。



しかし、歯にいいと言われる

フッ素ですが、万能ではないんです。



使い時によっては、ケア効果を

低下させてしまうこともあるんですよ。



例えばホワイトニングも、

フッ素に気をつけたい

シーンのひとつです。



フッ素は、

ホワイトニングの効果

低下させる原因

になります。



ホームホワイトニングなどの前には、

汚れを取るために歯を磨きますよね。



この時にフッ素入り歯磨き粉を

使ってしまうと、ホワイトニングの効果

が本来よりも落ちてしまいます。




フッ素がホワイトニング剤の浸透を

悪くするんです。



もしも、今まで何も気にせずに

歯磨き粉を使っていたなら、一度、

どんな成分が入っているのかを

確認してみるといいですよ。



フッ素入りの歯磨き粉であれば、

ホワイトニング中の使用は

やめておいたほうが

いいかもしれません。








フッ素入り歯磨き粉はホワイトニングの後に



ホワイトニングをしている人は、

フッ素の影響をきいて

驚いてしまったかもしれませんね。



しかし、フッ素入り歯磨き粉

そのものが悪いわけではないので、

慌てて捨てるようなことは

しないでください。



フッ素入り歯磨き粉は

ホワイトニング前には避けたほうが

いいのですが、

ホワイトニング後

であれば問題ありません



むしろ、ホワイトニング後の歯を

強化するのに役立ち
ます。



また、ホワイトニングの影響で

歯に違和感や知覚過敏のような

症状が出ている時には、

フッ素ケアがおすすめです。



フッ素が再石灰化を促進し、

違和感の解消を早めてくれます。



ちなみに、フッ素の中には

ホワイトニング時に使っても

大丈夫な種類もあります。



例えば、フッ化ナトリウムは

ホワイトニング前に使っても、

効果に影響しないと

いわれているんですよ。







まとめ



虫歯予防のフッ素入り歯磨き粉は、ホワイトニング効果低下の原因に フッ素には、歯を強くしたり

虫歯を予防したりする効果があります。



しかし、使用を避けた方

がいい場合もあります。



特にホワイトニングの前には

フッ素の使用は避けましょう。

ホワイトニング剤の浸透を妨げ、

効果を低下させてしまいます。



ホワイトニング前、

フッ素入り歯磨き粉を知らずに

使ってしまってはいませんか?



一度ご自宅にある歯磨き粉を

チェックしてみると

いいかもしれませんね。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー