歯につきやすいタバコのヤニからサヨナラ!おすすめのヤニ取り方法!



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



歯につきやすいタバコのヤニからサヨナラ!おすすめのヤニ取り方法!



歯につきやすいタバコのヤニからサヨナラ!おすすめのヤニ取り方法! 喫煙者には、

特有の歯の汚れがあります。

いわゆる「ヤニ」ですね。



タバコを吸っている期間が長いほど

ヤニは歯にたまっていきます。

黄ばみだけではなく、

茶色く着色してしまっている人も

多いですよね。



喫煙でついたヤニは、

簡単には落とせません。


ではどうしたら

いいのでしょうか?



こちらではタバコのヤニ取りについて

ご紹介いきます。

白くてきれいな歯を

目指しましょう。








歯につきやすいタバコのヤニ



歯につきやすいタバコのヤニからサヨナラ!おすすめのヤニ取り方法! 困ったことに、

タバコのヤニは歯につきやすく、

取れにくいものです。



では、なぜヤニは

ついてしまうのでしょうか。



効果的なヤニ取りや、

ヤニがつくのを予防するためにも、

まずはその特徴を

みていきましょう。



そもそも、

「ヤニ」とは何でしょうか。



ヤニはタールとも呼ばれます。

元はタバコの葉に含まれる炭素を

主体とする物質ですが、これが、

加工の過程で黒色のドロドロした

ヤニへと変わります。




タバコを吸うと

フィルターが茶色くなりますよね。

また、よくタバコを吸っている部屋の

壁紙もきっと黄色や茶色に

変色しているはずです。



これらも、歯と同じように

ヤニがついて

汚れている状態なんです。



ヤニが取れにくいのは、

脂を含んでいるためです。



歯にべったりと貼りついて

落ちにくいのが特徴です。



1本2本とタバコを

吸い続けることで、ヤニはどんどん

蓄積され、茶色く落ちにくい汚れに

なっていきます




中には、タバコを吸っているけど

歯はあまり汚れていない、

という人もいらっしゃいますが、

喫煙者で特別なケアを

していないのであれば、

ヤニ汚れは必ずといっていいほど

歯についています。



特にヤニ汚れがつきやすいのは、

歯の裏の部分。

自分の歯にヤニはついていない、

と思う方も鏡を使って

歯の裏側をのぞいてみてください。



きっと驚いて、すぐにでもヤニ取りを

したくなるはずですよ。








歯についたタバコのヤニ取り、効果的な方法3つ



喫煙の習慣で

歯についたヤニは、

簡単には取れません。



しかし、意識してケアをしたり

歯医者さんでケアをしたりすれば、

改善できることもあります。



効果的なタバコのヤニ取り方法を

3つご紹介します。


1.丁寧に歯磨きをする

歯磨きは毎日するもので、

歯の汚れを落とすのに効果的です。



歯に合った歯ブラシを使って

1本1本を丁寧に磨くことで

着色汚れを防いだり、改善できます




また、ホワイトニング効果のある

歯磨き粉
を使ったり、

汚れを落としやすい電動歯ブラシ

取り入れるのもおすすめです。



ちなみに、歯の汚れは

冷えているときよりも

温まっているときの方が

落ちやすい
です。



お風呂に入りながら

じっくり歯磨きをしたり、

お湯ですすいで口内を温めてから

歯磨きをするのも効果的ですよ。



2.歯医者さんでクリーニングをしてもらう

ヤニ取りは歯医者さんでも

してもらうことができます。


歯のクリーニングを

したいと伝えればOK。

いわゆる、歯のお掃除ですね。



ヤニだけでなく、

歯と歯の間につまった歯石も

取ってくれるので、

口の中がスッキリ
しますよ。



簡単なクリーニングであれば

保険診療でやってくれますが、

徹底的にキレイにしてほしい

という場合は、自費診療で

高度なクリーニングを

してもらうこともできます。



詳しい内容については

歯医者さんによっても違いますので、

直接相談してみてください。



3.ホワイトニングをする

ホワイトニングは

歯を白くするものです。



歯表面の汚れを落としたり、

歯そのものの色を白くする効果


あります。



いろいろな方法がありますが、

代表的なのは歯医者さんでやっている

オフィスホワイトニングと、

歯医者さんでキットを買って

自宅で行うホームホワイトニングの

2つです。



歯医者でヤニを取るクリーニングを

したうえで、

さらに歯を白くすることができます。



人間の歯は

もとから黄ばみがあるものです。



ヤニをとるだけではなく、

輝く白い歯を

手に入れたいと考える人に

おすすめです。








歯をこすりすぎないように気をつけよう



ヤニ取りには、

適した歯磨き粉や、

歯ブラシを使ったケアがいい

と上記でご紹介しましたね。



しかし、このようなセルフケアを

する時には、

気をつけたいこともあります。



セルフケアで気をつけたいのは

「歯をこすりすぎない」ことです。



やわらかい歯ブラシを使って

やさしく磨く程度であれば

いいのですが、研磨効果の高い

歯磨き粉や固い歯ブラシでゴシゴシ

こすると、

歯にダメージを与えてしまいます。



例えば、歯に傷かついてしまったり、

歯表面が薄くなって

黄ばみが強くなったりする原因


なるんです。



また、歯茎下がりを

起こしてしまうこともあります。



歯のヤニ取りに、

重曹を使った方法や、

スポンジでこする方法がいいと

聞いたことはありませんか?



実は、これもやりすぎると

歯の表面にダメージを

与えてしまう心配があります。



即効性があるといわれる

セルフケアは、歯を傷つけてしまう

可能性も高いと思っていたほうが

よさそうです。








まとめ



歯につきやすいタバコのヤニからサヨナラ!おすすめのヤニ取り方法! タバコのヤニは粘着性があり、

歯につきやすいです。



また、喫煙でついたヤニは

簡単には取れません。



毎日の丁寧な歯磨きを

継続することでヤニの予防や改善が

期待できます。



しかし、セルフケアの中には

歯にダメージを与えてしまう方法も

あるので、気をつける必要があります。



早く安全にヤニ取りをする方法は、

歯医者さんでのクリーニングや

ホワイトニングがあります。



特に、ホワイトニングは

歯全体を白くしたい人や、

禁煙に成功した人におすすめです。



「歯をキレイにしたい」

という気持ちはよく分かります。

自分に合った方法で

ケアを始めていきましょう。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー