歯医者でできるウォーキングブリーチで失活歯(神経を抜いた歯)も白くできる!



ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室
ホワイトニング歯磨き粉は危険!安全に歯を白くする方法情報室



歯医者でできるウォーキングブリーチで失活歯(神経を抜いた歯)も白くできる!



歯医者でできるウォーキングブリーチで失活歯(神経を抜いた歯)も白くできる! 歯の治療などによって

神経を抜いた歯は、

治療からしばらくすると

変色してしまうことがあります。



口の中で1~2本だけ

変色している歯があったら、

どうしても目立ってしまいますよね。



この歯の変色を、

目立たないようにするには

どうしたらいいのでしょうか?



神経を抜いた歯の変色の原因や、

変色を白くする

ウォーキングブリーチの効果や値段


についてご紹介していきます。








神経を抜いた歯の変色も、白くできる



神経を抜いた歯のことを

失活歯といいます。

治療した直後の失活歯は、

ほかの歯と変わらない色をしています。



しかしその後、黒色や茶色っぽく

変色してしまうことがあるんです。




口を開けた場所に

変色した失活歯があると、

どうしても目立ってしまい、

悩みの種となってしまいますよね。



失活歯が変色してしまう

原因として多いのは内出血です。



歯の根元は細い血管とつながっていて、

神経をとると内出血が

おきやすくなります。



また、神経部分をとったことで

象牙質が劣化しやすくなるのも

変色の原因のひとつです。




通常、歯の黄ばみや着色汚れは

ホワイトニングで

白くきれいにすることができます。



しかし残念なことに、一般的な

ホワイトニングでは神経を抜いた歯の

変色まで白くすることはできません。




これは、ホワイトニングで

歯を白くする仕組みと、

失活歯の変色がおこるポイントに

理由があります。



一般的なホワイトニングは、

歯の外側に薬剤をぬって白くなるように

働きかけます。



対して、失活歯の変色は

歯の内部でおこっているものです。



つまり、歯の外側から薬剤を塗っても、

歯の中でおきている変色には

効果がないんです。



ここまでみると、

「じゃあ、神経を抜いた

歯の変色は元には戻らないの?」と

心配になってしまいますよね。



でも安心してください。

失活歯の変色を白くする

ホワイトニング方法も

ちゃんとあるんですよ。



それは、

ウォーキングブリーチという

方法です。








ウォーキングブリーチで失活歯を内側からホワイトニング



歯医者でできるウォーキングブリーチで失活歯(神経を抜いた歯)も白くできる! ウォーキングブリーチとは、

歯の内部を白くできる

ホワイトニング方法
です。



なんと、神経を抜いた

歯の変色


白くできるんですよ。



ウォーキングブリーチでは、

歯の中に薬剤を入れて、

歯を内側から白くしていきます。



使う薬剤は過酸化水素

配合されたものです。

過酸化水素が持つ漂白効果によって

象牙質を白くします。




歯の中に薬剤を入れたら

蓋をしてしまいます。



こうすることで

歯の中が薬剤で満たされて、

漂白効果を得ることができるんです。



歯の状態によっては変色した部分を

内側から削ることもあります。



また、虫歯やヒビがあって

治療が必要だと

医師が判断した場合には、

ウォーキングブリーチの前に

治療から開始することもあるんです。



ただ、ウォーキングブリーチは

失活歯も白くできますが、

1回で歯がきれいになるわけでは

ありません。




1回で変色は薄くはなるのですが、

完全ではないんです。



周りの歯と同じくらいの色にするには、

何度か薬剤を入れ直していきます。

回数の目安は5回です。



1週間くらいの間隔をあけながら

施術を繰り返していきます。



費用は歯医者によっても変わります。

相場は1回2~5千です。



中には、施術を何回やっても

追加料金なしで値段を固定している

歯医者もあります。

この場合の相場は2万円です。








ウォーキングブリーチのメリット・デメリット



ここではウォーキングブリーチの

メリットとデメリットを

みてみましょう。



【メリット】

  • 周りの歯と同じような色にできる

ブリーチやホワイトニングをすると

真っ白な歯になると思われがちです。

しかし実際には、1回で真っ白に

なってしまうことはありません。



そのため、効果をみながら希望の色まで

歯を白くしていくことができる
んです。

ウォーキングブリーチでは、

周りの歯となじむくらいの色まで

施術を繰り返します。



  • 歯を削ったり抜いたりしなくていい

ウォーキングブリーチでは、

薬剤を歯の目立たない部分から入れて

蓋をするだけでホワイトニング効果が

得られます。



そのため、今ある歯を大きく削ったり

抜いたりしなくても

変色を治すことができるんです。



【デメリット】

  • 保険がきかない

ウォーキングブリーチは

保険適用外です。



以前までは保険適用だったのですが、

治療ではなく、外見を美しくみせる

美容のための施術方法であるとして、

保険適用外となりました。



  • 歯が割れやすくなることがある

歯の中に薬剤を入れることによって、

歯が割れやすくなる可能性があります。



また、中に入れた薬剤が

漏れ出てしまうことも

少なくありません。



  • 詰め物やかぶせ物をしている歯にはできない

神経抜いた歯を白くできる

ウォーキングブリーチですが、

実は失活歯であれば

何でもOKというわけではないんです。



例えば詰め物をしていたり、

かぶせ物をしている歯には

施術することができません。








まとめ



歯医者でできるウォーキングブリーチで失活歯(神経を抜いた歯)も白くできる! 神経を抜いた歯の変色を白くできる

ウォーキングブリーチを

ご紹介しました。



一般的なホワイトニングでは

白くできない、

歯の内部を白くできる方法です。



これなら自分の歯を大きく削ったり

抜いたりせずに

見た目をきれいにできますね。



保険適用外のため、

費用が高めなのがネックですが、

それまでの悩みを解決できると考えれば

一概に高いとも

言えないのかもしれません。



ホワイトニング歯磨き粉!安全に歯を白くする方法情報室 安全に歯を白くする方法情報室トップページへ


◆ホワイトニング歯磨き粉特集◆

ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

人気ナンバーワンホワイトニング歯磨き粉レビュー